テクニック
職場のパート狙いは、愚直なまでにストレートで良し
2017.6.17

c9b1f032a6b30d045d85ca32bca9b322_s

 パート主婦のいる職場は多い。みなさんの会社にも数名はいらっしゃると思うが、だとしたら、果敢に彼女たちを狙うべきだ。せっかく、不倫予備軍ともいうべきパート主婦が周囲にいるのに、放置しておくのはあまりにもったいなさすぎる。

 

 パート主婦を狙うには、まず大前提として、ある程度の親しい関係性を築いておくことが不可欠だ。最低でも昼メシに出かけるとき、「●●さんも一緒にどう?」と気軽に誘えるくらいの距離感は必要だが、毎日のように顔を合わせる職場環境なら、さほど難しいことではないはずだ。

 

 それを踏まえたうえで俺の必勝パターンを紹介しよう。ファーストステップは2人きりで酒を飲むという状況を作り上あげることだ。仕事帰りを狙って「ねえ、ちょっと飲みたい気分なんだけど、軽く付き合ってくれない?」と声をかけてもいいし、職場の飲み会の後に二次会と称して誘い出すのでもいい。

 

 で、そこさえクリアすれば、あとは押しの一手。「前から思ってたんだけど、●●さんって魅力的だよな」くらいからスタートし、こちらの好意をむき出しの言葉で、これでもかというくらいに伝えるのだ。「本当に好きなんだ」、「仕事中、いつもキミのことが気になって仕方ない」等々。

 

 ポイントは、アツい口説き文句を並べながらも、あくまで自分たちは既婚者同士というスタンスを崩さないことだ。

 

 具体的に言えば、キミのことが好きでしょうがないんだ、でも俺たちそれぞれ壊したくない家庭があるよね、だったら割り切って恋愛を楽しまないか、という論法で切々と訴えかけるわけだ。

 

 愚直なまでにストレート。しかし、こういう考えは不倫願望のある人妻ならみな少なからず持っているものでもあり、だからこそ、心に響く。

 

 熱烈な求愛と割り切った態度。結局のところ、人妻を口説き落とすには、この組み合わせこそが最強なのだ。

 

TOPページへ戻る

 

 

61APOUJvJAL

最新刊
  • 雑誌オンライン
  • フジサンマガジン
  • ガチスタプラス