その他
ペットボトルは猫よけになる・・・!?
2017.8.30

 3fe8477a84a7548380d52be81c12ed84_s
 猫よけのために、水を入れたペットボトルを家の周りにならべた家をよく見かける。

 
 ネットの質問サイトなどでは、「猫は太陽の光の乱反射(キラキラ光る)を嫌うので、ペットボトルに水を入れて置いておくと、猫が近寄らない」「光が乱反射して、猫の方向感覚がおかしくなって、近づきたくなくなるらしい」といった説明がなされるが、どこまで本当なのだろう?

 
 ルージュ動物病院の青野花実院長は言う。

 

『基本的に、置くだけで動物が嫌がるグッズなどは存在しません。賢い猫はペットボトルに何の害も無い事をすぐに学習します。またノラ猫の活動が多くになる夜間には、まったく効果がありません』
 

 猫たちがペットボトルに驚くのは最初だけ。すぐに慣れてしまい、意味がなくなるようだ。

 

『実際、ペットボトルの横を猫ちゃんが悠々と歩いている姿はよく見かけると思います。逆に、ペットボトルに入った水が日光の屈折で火災を起こす可能性もあり、あまりオススメできません』

 

 
 そもそも、この風習、オーストラリアから入ってきた迷信を、マスコミが大々的に取り上げて広まったらしい。現時点で野良猫を防ごうと思ったら、大きな柵を作るといった方法しか手はないそうだ。

 

 

TOPページへ戻る

 

 

ネットのデマ

関連記事
最新刊
  • 雑誌オンライン
  • フジサンマガジン
  • ガチスタプラス