グッズ
路駐の車を動かせなくする嫌がらせが横行中
2017.8.21

index

コンクリートボンド

 昔から車を狙った嫌がらせは多い。コインでキズをつけられたり、エンブレムを盗まれたり、まあ様々あるわけだが、その中でも最強に迷惑なのがコンクリートボンドを使った方法だ。

 

 このボンド、読んで字のごとく、コンクリートや金属を接着する際に使われる粘度の高い液体だ。こいつをタイヤにかけられたらなんと車が動かなくなってしまう。やっかいなことに地面とタイヤをくっつけるのだ。

 

 たとえば夜中にこれをやられたら、朝には間違いなく固まっているくらいの強度を持ったボンドだ。はがすのは自動車整備の人間でもJAFでも非常に苦労する。さらにいったんはがせても、タイヤ溝がボンドで埋まっているので、ツルツルしてまともに走行ることができない。つまりタイヤ交換が必要になるわけで、4輪すべてにやられたりしたら、泣いても泣ききれない。

 

 ちなみにこのイタズラ、被害の多くは夜中、家の前などの道路に停めた車に集中している。路駐を快く思わない近隣の住民にやられる可能性もあることは覚えておこう。

 

TOPページへ戻る

 

 

717pIFZjBQL

モアグループ
人気ランキング
最新刊
  • 雑誌オンライン
  • フジサンマガジン
  • ガチスタプラス