その他
超立体マスクで花粉症は防げる?
2017.7.30

 「超立体マスク」は、かぜや花粉に悩む人のために開発された商品。三層構造の高密度フィルタと、顔にピッタリフィットする立体構造で、なんと99%もウイルスをカットしてくれる、超定番の花粉対策アイテムだ。実際のところ、どれだけ花粉症は防げるのだろうか?

71M9ryWD+aL._SX425_

A.極小アレルゲンはブロックしようがありません

 「超立体マスク」は、30ミクロンの粒子を99%カットしてくれる高性能なフィルタを備えた商品だ。スギ花粉のサイズは30〜40ミクロンなので、「超立体マスク」が花粉をブロックしてくれるのは間違いない。
 

 が、実は、空気中には、花粉よりも小さな花粉アレルゲンが浮遊しているのだ。研究によれば、0.76〜7ミクロンという極小サイズのスギ花粉アレルゲンが、大量に空中に浮遊していることがわかっている。
 

 このサイズの粒子を「超立体マスク」で防ぐことは不可能。推定では、空中にただよう花粉アレルゲンの約半分がマスクを通過してしまう。
 

 また、そもそも99%の粒子をカットするのは、あくまでマスクをしっかりと肌につけて装着し続けた場合の話。日常生活において、完全にマスクを着けたまま暮らすのは、ほぼ不可能だろう。
 

 いずれにせよ、花粉対策として、マスクに頼るのはあまりよい方法ではないということだ。

 

 

TOPページへ戻る

 

 

人気商品

関連記事
モアグループ
人気ランキング
最新刊
  • 雑誌オンライン
  • フジサンマガジン
  • ガチスタプラス