テクニック
調教の導入がわからなければケツ叩きから始めよう
2017.7.20

613628e48d0aad43463f4edffd107136_s

尻責め法

 自分は出会い系でブスを引っ掛けることが多いが、最初のセックスで相手のケツをぶっ叩く。猿回しの調教や体育系部活のシゴキと同様、主従関係を教え込むには叩くのが手っ取り早いとオレは思う。どうやっているか説明しよう。

 

 セックスの序盤は、普通に優しくしてやる。胸も揉んでやるし手マンもしてやり、きっちり感じさせてやった後、いざケツ叩き開始。

 

 四つん這いにさせ、最初は軽くペチペチペチ。相手は照れて「ちょっとイヤダー」的なことを言うが、構わず叩きながら言葉責めを。

 

「イヤだじゃないよ。こんなエロイお尻して」
「おー、アナル見えてるし」
「もっとケツ突き出してみ」

 

 羞恥心を煽りながら少しづつ強く叩いていくと、そのうちに自分の立場を理解したのか文句を言わなくなる。

 

 こうして最初のセックスできっちり関係を作った相手は、以降、アブノーマルなプレイにもすんなり応じる。仮にそこで難色を示せば、またケツを引っぱたいて教育すればいい。

 

 

TOPページへ戻る

 

 

中年セフレ

モアグループ
人気ランキング
最新刊
  • 雑誌オンライン
  • フジサンマガジン
  • ガチスタプラス