テクニック
ゲート式パーキングがコバンザメ走行で突破されていた
2017.7.4

d2d02c5eaa6ac5c1944df1ed20dfc9ac_s

 出口で駐車券と金を入れればゲートが開くタイプの有料駐車場で、若い男の運転する怪しい車を発見した。

 

 長時間、出入り口付近の通路に車を停めて何かを待っているかのような雰囲気だ。

 

 と思ったら、別の車が出口へ近づき出庫しようとした直前、その車の1メートル後ろにピタリと付いて待機しはじめた。前の車が出ていくと、すぐ後ろにピタリと付いて、そのまま機械にチケットも入れずに出て行ってしまったのだ。すごい運転技術だな。ていうか、お金払ってねえし!

 

 どうやら、この手の有料駐車場のセンサーは、ゲートと車の接触事故を防ぐために、ゲートが降りる時間がユル目に設定されているらしく、前の車に1メートル程度まで詰めて、2台連なるように出庫すれば、1台の車としてカウントされるようだ。まったく、セコい男がいたもんである。

 

 

TOPページへ戻る

 

 

カネの悪知恵

モアグループ
人気ランキング
最新刊
  • 雑誌オンライン
  • フジサンマガジン
  • ガチスタプラス