その他
育毛トニックで髪は生えるのか?
2017.6.18

 ドラッグストアでさまざまなタイプの商品が売られている「育毛トニック」。サイトプリンや塩化カルプロニウムといった成分を配合し、毛根の血流を改善して、抜け毛を予防したり、発毛を促進する効果があるという。多様なタイプの商品があるなか、果たしてどの育毛トニックを買うのがベストなのだろうか?

 

index

A.海外サイトからミノキシジルを買いましょう

 結論からいえば、市販の育毛トニックには髪を生やす効果はほぼ望めない。

 
 多くの商品にふくまれるサイトプリンや塩化カルプロニウム、ケトコナゾールといった成分は、確かに頭皮の血流をよくする効果が確かめられているが、それが抜け毛の予防や発毛につながったとの科学論文は一件もないのが現状だ。まったく効果がないとまでは言わないが、正直、気休め程度にしかならないだろう。
 

 ご存じの方も多いと思うが、現在、ちゃんと科学的に「髪が生える」と証明されているのは、塗り薬のミノキシジルと飲み薬のプロペシアの2種類のみ。
 

 それ以外の商品は、いかに「育毛促進」を宣伝していても、まず効果はないと考えるべきだろう。 現在、国内でロゲインを配合している商品は大正製薬の「リアップ」だけだ。しかし、「リアップ」は海外で手に入るものとくらべてかなり高いので、自分でネットから取り寄せることをオススメする。

 

 

TOPページへ戻る

 

 

人気商品

関連記事
モアグループ
人気ランキング
最新刊
  • 雑誌オンライン
  • フジサンマガジン
  • ガチスタプラス