その他
不健康な女性はイソフラボンを飲んだほうがいい?
2017.6.9

 イソフラボンは、女性の定番サプリだ。化学的な構造が女性ホルモンに似ているため、体内で同じような働きをするのだという。
 

 言わずもがな、女性ホルモンは女性にとって大事な成分。体内の分泌量が減ると、肌の劣化や生理不順といった不調が起きてしまう。
 

 が、そこでイソフラボンを飲めば、ホルモン補充療法と似た効果が得られるらしい。
 

 不調を抱える女性にとっては、まさに必須サプリのようだが、実際はどうなのだろうか?

index

A.実験ではイソフラボンに否定的なデータが

 結論から言えば、イソフラボンのサプリには意味がない。過去に出た論文の大半が、イソフラボンの効果を否定しているからだ。
 

 例えば、2013年にコクラン共同計画が行ったレビューでは、4084人分のデータを精査しても、イソフラボンは更年期の症状に対して何の効果もなかった。
 

 さらに徹底的なのが、イースト・アングリア大学が2009年に行った系統的レビューだ。ここでは47件の実験データが分析にかけられたが、すべての年齢層の女性に対して大豆やイソフラボンは何の効果もなかった。
 

 ホルモンバランスや生理周期、骨の健康状態など、すべての面においてイソフラボンは無意味だったようだ。
 

 どちらの論文も科学的な証拠としては一級品で、もはやイソフラボンを買う意味はないといってよい。確かにイソフラボンはエストロゲンに似ているものの、本物の女性ホルモンにくらべると、作用が弱すぎて意味がないのだ。
 

 不調を改善したければ、サプリよりも適度な運動に取り組むほうが先だ

 

 

TOPページへ戻る

 

 

有名健康法

関連記事
最新刊
  • 雑誌オンライン
  • フジサンマガジン
  • ガチスタプラス