その他
大耳のポニー【ググッてはいけない禁断の言葉】
2017.6.8

無題

 世界の犯罪史をひもとくと、生まれながらの殺人鬼としか言いようのない人間がいる。例えば、今から120年も前の1896年、アルゼンチンに生まれたカイエタノ・ゴディーノもその一人だろう。
 

 7才で2才児を殴り倒し、1年後、2才の幼女を石で虐待。だが〝子供〞ということでお咎めは無く、以後も近所の犬猫を殺しまくる凶暴性を見せた。
 

 最初の殺人は9才のときで、2才の幼女の首を絞め生き埋めに。10代になると、近所の子供をプールで溺死させようとしたり、瞼を火で焼こうとするなど残虐さが増し、アル中の父親が我が子ながら恐ろしいと警察に突き出した。が、3年の鑑別所暮らしを経ても一切更正されず、出所8日後に13才の少年を絞殺、その2週間後には5才の少女のドレスに火を放ち全身大やけどを負わせたうえで死亡させたというから恐ろしい。

 

 16才でようやく逮捕されて刑務所へ。小柄で耳が目立ったため囚人の間では「大耳ポニー」と呼ばれていたそうだ1944年11月、49才で獄死したとき、彼の死を悲しむ者はいなかったという。

 

 

TOPページへ戻る

 

 

61S9Ln-vUVL

最新刊
  • 雑誌オンライン
  • フジサンマガジン
  • ガチスタプラス