その他
ノンシリコンシャンプーは頭皮にいい?
2017.4.4

 ここ数年、女性の間で人気が高いのが「シリコンシャンプー」だ。ドラッグストアでは専用コーナーまで作られ、抜け毛が気になる男性からの支持も厚い。

 
 なんでも、シリコン入りのシャンプーは毛穴に詰まりやすいため頭皮に悪影響が強く、長く使い続けると髪が育たなくなってしまうという。本当ならば、まことに恐ろしい話だが・・・。

 

61BBH6F4cyL._SX425_

A.シリコン以外の成分のほうが問題です

 まず前提として、現時点で、シリコンほど人体にやさしい物質は少なく、ここ数十年でシリコンの有害さを立証した研究は1つも存在しない。
 

 同様に、毛穴に詰まって髪の毛の成長を阻害するといった説にも根拠がなく、もし毛穴に詰まったとしても髪の毛や皮脂と一緒に押し出される。

 

 

 その証拠に、ちゃんとした美容院のコンディショナーほど、シリコンが多く使われているのはよく知られた話だ。これまで市販のシャンプーにシリコンが使われてきたのは、他の成分が髪に悪かったからだ。
 

 もっとも有名なのはラウレス硫酸塩で、洗浄力が高いせいで髪へのダメージが大きく、どうしても洗い上がりがキシんでしまう。そこをカバーするために、シリコンを入れて指どおりをよくしていたわけだ。あくまでシリコンは無罪である。

 
 ちなみに、シリコンは、他の洗浄成分にくらべると原価が高い成分だ。つまり、メーカーとしてはノンシリコンのほうが製造価格が安くすみ、非常にありがたい商品なのだ

 

 

TOPページへ戻る

 

 

人気商品

関連記事
最新刊
  • 雑誌オンライン
  • フジサンマガジン
  • ガチスタプラス