テクニック
雨の日だけ卑猥な言葉がブロック塀に浮かび上がる
2017.3.21

7e8354e94f4e5c49a547920ebfdcda81_s

 超強力な撥水スプレーを使ったイタズラだ。コンクリートは渇いているときは白っぽく見えるが、濡れると黒く変色する性質を持っている。そこで、晴れた日の深夜などに、ターゲットの自宅のブロック塀に、卑猥な言葉や絵などを『撥水スプレー』で書き込んでおくと、雨が降ったときだけそれらのメッセージが浮かび上がる。

 

 あらかじめ、絵や誹謗中傷のメッセージをくりぬいた型紙を用意し、その型紙の上からスプレーすれば、一瞬で準備できてしまうし、撥水スプレーは乾くと見えなくなるので、犯行現場を目撃しない限り犯人の特定も難しい。

 

 性器の絵や「○○(ターゲットの名前)が○○と浮気している」、「小児性愛者○○」などの誹謗中傷など、浮かび上がる内容次第では大きなダメージを被るだろう。

 

 大抵の撥水剤は、水や洗剤程度では落ちないので、被害者は清掃業者に対応してもらうしかない。

 

 

TOPページへ戻る

 

 

61khyAteJ3L

モアグループ
人気ランキング
最新刊
  • 雑誌オンライン
  • フジサンマガジン
  • ガチスタプラス