アンダーグラウンド
デブがバイクでやってくる【連載】どんな女がやってくる?
2017.3.5

無題11

 ワリキリ界には3Pを持ちかけてくる2人組が結構いるものですが、共にデブであることを売りにしたコンビというのは珍しいでしょう。90キロと85キロ、足して175キロ。そんな3P、圧死覚悟で挑むしかありません。

 

 とりあえず体型だけでも見てやろうと2万円(1人1万円)でアポったところ、やってきたのは茶髪の安田大サーカス・ヒロ&黒髪おかめの2人でした。

 

無題111

 

「会えないと思ったからうれしいです! 行きましょう!」

 

 ヒロの喜びの挨拶を受け、3人でズンズンと歩き出します。元々ホテルになど入る気はないので、ひとまずカラオケでお茶を濁すことにしました。

 

無題1111

「2人はどういう関係なの?」
「バイト時代の友達。今日は私が群馬から来て、会ってたんです」
「へえ」
「原付で来たんですよ。リッター50ぐらい走るから」

 

 この90キロの巨漢が原付を飛ばして中山道を走る様は、さぞかし絵になることでしょう。

 

無題11111

 それにしても、ぺらぺらしゃべるヒロに対し、おかめちゃんはずっと無言を貫いたままです。おそらくこの3Pもヒロの発案で、弱気なおかめが渋々乗ってる形なのだと思われます。

 

(自分1人では客を取れないけど、おかめちゃんと一緒ならなんとかなるはず)

 

 ということでしょう。

 

 デブがデブを利用するこの構図。道がある限り、ヒロはバイクでやってくるのですから、おかめちゃんの逃げ場はありません。不憫なものです。

 

 

TOPページへ戻る

 

 

裏モノJAPAN201311

最新刊
  • 雑誌オンライン
  • フジサンマガジン
  • ガチスタプラス