アンダーグラウンド
カースト上位の誇り 【連載】どんな女がやってくる?
2017.2.26

無題1

 生脱ぎパンティの価格相場を知っているでしょうか。

 

 1枚3千円。

 

 これが日本全国津々浦々まで浸透したパンティ相場です。渋谷でも佐渡島でも、生脱ぎパンティは3千円と、いつのまにか決まっていたのです。

 

 そんな中、相場の3倍、9千円の値付けをしてきた女がいました。よっぽど容姿に自信があるのでしょう。石原さとみレベルがやってくることを期待し、アポってみました。

 

無題11
 遅刻気味でやってきたのは、そこそこ清潔感のある女子大生でした。しかしエンコー界ならば1.5万円でゴム付き1回戦、キスNG、フェラ少々、のカテゴリーに入るであろう人種で、パンツ9千円の価値はありません。頑張っても4千円といったところでしょう。

 

 カラオケに入り、さっそく女は脱ぎ始めました。

 

無題111

「恥ずかしいから広げないでね。2日履いてるからさ」

 

 頼んでもいないのに2日も履きつづけてくれるあたり、かなりのベテランだと思われます。

 

 お願いを無視し、がばっとクロッチ部を開いたところ、黄色と茶色の混じったえげつない汚さで、吐きそうな臭いが漂ってきました。彼女の自信の根拠はオリモノの量だったようです。

 

 一応、尋ねておきましょう。

 

「普通はみんな3千円とかで売ってるでしょ? 9千円でみんな買ってくれるの?」

 

「結構売れるよ。他の子って可愛くないでしょ? 私は美人系だから高くても買ってくれるんだと思うよ」

 

 ちょっとした勘違いが垣間見えます。

 

「エンコーとかはしてないの?」

 

無題1111

「ムリムリ。そういうのは下層の子がやるもんでしょ。カーストで言えば一番下でしょ。私は上のほうだからさ」

 

 つい、五十歩百歩という言葉が口から出そうになりましたが、オリモノの量に免じて、ぐっと飲み込んでおきました(クロッチ部の写真はあまりにも品がないので掲載しません)。

 

 

TOPページへ戻る

 

 

裏モノJAPAN201311

モアグループ
人気ランキング
最新刊
  • 雑誌オンライン
  • フジサンマガジン
  • ガチスタプラス