その他
犬鳴峠【ググッてはいけない禁断の言葉】
2017.2.17

mig様々な都市伝説が囁かれる西日本で最も有名な心霊スポット

 

 犬鳴峠とは福岡県久山町にある有名な心霊スポットで、様々な怖い噂が流布されている。

 

●犬鳴トンネル近くに、法治が及ばない恐ろしい集落『犬鳴村』があり、そこに立ち入った者は生きては戻れない。
●トンネルの前に「白のセダンは迂回してください」という看板が立てられている。
●江戸時代以前より、激しい差別を受けてきたため、村人は外部との交流を一切拒み、自給自足の生活をしている。近親交配が続いているとされる場合もある。
●どのメーカーの携帯電話も「圏外」となり使用不能となる。また近くのコンビニエンスストアにある公衆電話は警察に通じない。
●人が焼き殺された。

 
 全て何の根拠もない都市伝説と言いたいところだが、最後の項目だけは事実。1988年12月、16才から19才の少年5人が、金を巡るトラブルから20才の工員を拉致・監禁。犬鳴隧道(旧犬鳴トンネル)で、工員の体にガソリンをかけ焼殺したのだ(2年後の90年には犬鳴ダムで死体遺棄事件も発生)。

 
 ネットには、現地を訪れた人たちからのリポートも掲載されている。犬鳴峠には、マニアの心をそそる何かがあるようだ。

 

 

TOPページへ戻る

 

 

61S9Ln-vUVL

最新刊
  • 雑誌オンライン
  • フジサンマガジン
  • ガチスタプラス