テクニック
入場券の2枚重ねでキセルする連中がいた
2017.2.14

無題

 漫画を読んだだけではいまいち仕組みが理解できないだろう。あの連中、電車に乗る際は1人(A)が目的地までのキップを、もう1人(B)が入場券を買っていたものと思われる。

 

 で、目的の駅で改札を抜けたAは、購入した入場券を2枚重ねて挿入して中へ戻った。このとき、重ねたキップの上側にはパンチ穴が開き、下側には磁気データーによる入場記録が打ち込まれたことになる。

 

 それゆえ、パンチ穴のキップを持ったAは有人改札から、磁気データーのキップを持ったBは自動改札から外へ出られたのだろう。悪いヤツらだ。

 

 

TOPページへ戻る

 

 

カネの悪知恵