アンダーグラウンド
足コキコンビ【連載】どんな女がやってくる?
2017.1.29

無題

 足コキかアシコキで会える変態いませんか??

 

 高飛車な文言を出会い系サイトに載せていたのは、うら若き2人組でした。添付のプリクラはそこそこ可愛らしく、こんな生意気なことをぬかす女にはとても見えません。

 

無題1

 足コキ1万円でアポを取り、約束の場所へ。やってきたのは、1人が武井咲ライクで、もう1人がマスクをしたぽっちゃりというコンビでした。このような悪巧みをするコンビというのは、往々にして片方だけの点数が高いもので、そしてまた、点数の低いほうがよくしゃべるという特徴を持っています。

 

 案の定、ぽっちゃりマスクが会話をリードしていきます。

 

「じゃあレンタルルームに行きますか。ウチら学校の友達なんですよ。でもフェラとか絶対やんないんで」

 

 隣でうんうんうなずく武井さん。おそらくこの商売もぽっちゃりの発案なのでしょう。

 

 2人の親密な関係は、部屋で1万円札を手渡したときにはっきりしました。

 

「万札かぁ。後で崩さなきゃ」

「あ、私、細かいのあるよ」

 

 武井さんが取り出したのは千円札きっかり5枚でした。美醜にかかわらず取り分が同じなことに、確固とした友情を感じずにはいれません。

 

無題11

 さて、2人足コキという、一聴したところかなり難度の高そうなプレイですが、彼女らは実に手慣れた動きでペニスをもてあそんでくれました。ぽっちゃりが片足でサオをこすり、武井さんがタマを足の指先でツンツン。ドラゴンズ荒木・井端も面食らうコンビネーションです。

 

 ちなみに本日のお客様はワタシで8人目とのこと。手コキ足コキだけで1人4万円も稼いだ計算になります。彼女ら、もうマトモな職に就くことはできないでしょう。

 

 

TOPページへ戻る

 

裏モノJAPAN201307

最新刊
  • 雑誌オンライン
  • フジサンマガジン
  • ガチスタプラス