その他
時速100キロ コアラ【ググッてはいけない禁断の言葉】
2017.1.21

o0539030313434779453 2015年9月、オーストラリア南部のアデレード近郊で、1匹のコアラが車にはねられて車体前部のグリルに挟まりながら、ほとんど無傷で助け出される出来事があった。 

 

 ある女性ドライバーが夜間、街灯のない幹線道路を時速100キロで走行中にコアラを発見。他の車がいたために車線変更ができず、急ブレーキをかけたものの後続の車に衝突されそうになったため、コアラを轢くしかなかったという。

 
 すぐに車を止めて車内から周りを見渡したが、コアラの姿は見えない。女性は、夜間に1人で車から出るのは危険だと判断し、そのまま15分ほど走り自宅に戻ったそうだ。

 
 帰宅後、車をガレージに入れ、電気を付けて車に傷がないか見ようとしたところ、フロントグリルにはさまったコアラを発見。それが上の写真だ。

 
 このコアラは、イギリスの有名な冒険家マイケル・グリルスさんにあやかり「ベア・グリルス」と命名され、野生に返されたそうだ。

 

 

TOPページへ戻る

 

 

この記事は『ググってはいけない禁断の言葉2016 【閲覧注意】[Kindle版]』に掲載されております。

他の裏技をご覧になりたい方は、下記リンクよりアマゾンでお求めください。

 

61S9Ln-vUVL

最新刊
  • 雑誌オンライン
  • フジサンマガジン
  • ガチスタプラス