アンダーグラウンド
耳が聞こえません【連載】どんな女がやってくる?
2017.1.15

 耳の聞こえない女性がワリキリ相手を募集していました。

 

 どのようなセックスをするのか気になったのでイチゴーでアポを取り、都内某所のコンビニ前で待ち合わせです。

 

無題3

 まもなくやってきた小太りな女性は、やはりおしゃべりも不自由なようで、筆談代わりにケータイ画面を見せてきました『実は生理になっちゃって、できないんです』

 

 ならばフェラ程度にしておこうと、とりあえずカラオケへと向かいます。

 

 室内に入るや、彼女がメモに鉛筆を走らせます。

 

無題33
『カラオケって初めて!』

 

 なるほど。そりゃそうでしょう。

 

 でもカラオケってのは歌うだけの場所じゃないんです、フェラエンコーに使ったりもできるんです。ということを教えてあげるとしましょう。

 

無題333

『それじゃ口で5千円でどう?』

 

『ごめんなさい』

 

 筆談で即NGを出されると、それ以上は粘る気にもなれません。困ったものです。

 

『じゃあ3千円でおっぱい触らせて』

 

 と、これに関してはごめんなさいではないらしく、彼女は恥ずかしそうにシャツをめくってくれました。

無題3333

 ふくよかな胸を指先でツンツンしてみるも、反応がないためどうにも燃えません。やはり今回のアポは失敗だったと反省するしかありませんでした。

 

 

 

TOPページへ戻る

 

この記事は『裏モノJAPAN2013年5月号[Kindle版]』に掲載されております。

他の記事をご覧になりたい方は、下記リンクよりアマゾンでお求めください。

裏モノJAPAN201305

 

関連記事