その他
外見だけで自信家か慎重派かを見分けるには
2017.1.12

1fcc6ade53e3ab85b95d5ff95acc0ae0_s

 その人が自信家か慎重派かは、顔の形に現れる。

 
 具体的には丸顔なら自信家、細面なら慎重派だ。顔の縦の長さ(アゴの下からおでこの生え際まで)と横の長さ(右耳から左耳まで)の比率が3:2なら丸顔、3:1なら細面だ。顔の横の長さが長いほど、自信家の素質が高い証拠となる。
 

 

 これは、こめかみの横に恐怖を感じるセンサーがあるからで、丸顔の人ほどセンサーが皮膚で覆われてしまい、恐怖を感じづらくなるのだ。

 

 

TOPページへ戻る

 

 

この記事は『暮らしに活かせるメンタリズム[Kindle版]』に掲載されております。

他の裏技をご覧になりたい方は、下記リンクよりアマゾンでお求めください。

メンタリズム表紙

最新刊
  • 雑誌オンライン
  • フジサンマガジン
  • ガチスタプラス