アンダーグラウンド
高裁の判決をタテにアパート更新料支払いを断固拒否する カネの悪知恵150
2016.9.27

無題

 アパート生活者が数年おきに不動産会社へ支払うことになっている契約更新料。あれは本当に意味がわからない。事務手続きの手数料ということらしいが、家賃1カ月分は高すぎだろう。
 だから俺はある時期から更新料をいっさい支払っていない。大阪高裁が過去三度も下した「更新料は無効である」という判決をタテに、ことごとく要求をはね付けてきたのだ。
 当然、不動産会社も入居時の契約書を持ち出して払え払えと迫ってくるが、裁判所はその契約そのものを否定している。こちらが断固「払わず」の姿勢を貫けば、最終的に相手は折れるしかないのだ。判例のご威光はさほどにすごいのである。押しの弱い人には少々抵抗があるかもしれないが、ぜひ勇気をふるって試してほしい。支払う必要のない金を差し出すことほどバカバカしい行為はないのだから。

 

 

TOPページへ戻る

 

 

この記事は『カネの悪知恵150[Kindle版]』に掲載されております。

他の裏技をご覧になりたい方は、下記リンクよりアマゾンでお求めください。

カネの悪知恵

最新刊
  • 雑誌オンライン
  • フジサンマガジン
  • ガチスタプラス