アンダーグラウンド
雷マに興味をもった美女ってマジかよ!と思ったら…… 【連載】どんな女がやってくる?
2016.9.25

無題1

 ワクワクメールのアダルトコーナーに一風変わった書き込みがありました。

『電マで虐めて下さる方いませんか?』

 こういうイヤラシイ文面は、裏モノJAPAN流解釈だとセミプロということになっていますが、本番NGなあたり、シロート臭もかすかに漂っています。さてどういうことなのでしょう。メールで交渉したところ、電マプレイの料金は7千円。この中途半端さも、とてもプロとは思えません。

 

無題

待ち合わせの渋谷駅にやってきたのは、マスク姿の水玉ワンピースちゃんでした。目しか見えませんが相当な美形です。こんな子が電マ?マジっすか?話を聞くに、彼女、地方から出てきた大学生で、モデルにスカウトされたこともあるそうです。

「いつもこういう募集かけてるの?」

「初めてなんです」

「電マ好きなんだ?」

「いや、使ったことないんですよ-」

 どんなものか試してみたくなって出会い系に手を出したんですと。最近の大学生の行動力には驚くばかりです。ホテルにインし、持参の電マを手渡したところ、彼女は服も脱がずにそいつを肩にあてはじめました。

無題3

「あ-気持ちいい」

「そんな使い方は邪道だよ。股間にあててごらん」

「はい…」

 手に持った電マをパンティーの上にあてがうと、彼女は小さく声をあげました。

「あっ、気持ちいいかも…」

 スイッチが入ればこっちのもの。最終的に本番まで持ち込むのもワケないでしょう。

「どう?」

「気持ちイイです…」

「濡れてきた?」

「ハイ…たぶん」

無題2

 ではそろそろ服を脱がせましょうか。えっと、この服はどうやって脱がせばいいのかな。

「初めて会った人に裸を見せるのはちょっと・・」

 ずいぶん冷静な口調で拒まれてしまいました。

「わかった。追加で5千円払う」

「それはちょっと…」

「わかった。1万円」

「そういう問題じゃないんで」

 結局のところ、軽めの電マオナニーを見るだけで7千円という、コストパフォーマンスがいいのか悪いのかわからないお遊びになってしまいました。

 

 

この記事は『裏モノJAPAN2012年1月号[Kindle版]』に掲載されております。

他の記事をご覧になりたい方は、下記リンクよりアマゾンでお求めください。

裏モノJAPAN201201

最新刊
  • 雑誌オンライン
  • フジサンマガジン
  • ガチスタプラス