その他
浮気症の男を顔で見抜くには歯をチェックせよ! 暮らしに活かせるメンタリズム
2016.9.7

無題2

 最新の人相学、「パーソノロジー」の成果にもとづいた性格の判別法だ。

 それによると、浮気症の男は歯が出ているか、犬歯が発達しているという。これは進化の過程で起きた現象で、動物の世界では猿のように下あごが発達した種族ほど「一夫多妻」の制度を取っている傾向が強く、逆に「一夫一婦」の種族は口元が引っ込んでいる。
 
 人間も同様で、前歯が出ていたり犬歯が発達している人は、かつての進化のなごりがあるため、遺伝的には「一夫多妻」を好みやすい。つまり、浮気につながりやすいのだ。

 

 

 TOPページへ戻る

 

 

この記事は『暮らしに活かせるメンタリズム[Kindle版]』に掲載されております。

他の裏技をご覧になりたい方は、下記リンクよりアマゾンでお求めください。

メンタリズム表紙

最新刊
  • 雑誌オンライン
  • フジサンマガジン
  • ガチスタプラス