アンダーグラウンド
Wフェラをしてくれるという人妻の友情ってやつは  【連載】どんな女がやってくる?
2016.8.28

 公園や保育園の正門あたりでは、ママさんたちの立ち話をよく見かけますが、あの人たちが本物の親友かどうかと問われれば眉唾と言わざるをえません。
 あんたンとこの子はバカだけどウチの子は小学校から私立に入れるんだからとか、オタクの旦那よりウチの旦那のほうが給料2万円高いんだからとか、ちょっとした仕草にも燃えたぎるライバル心が伝わってくるものです。

39_big
 果たして、人妻同士は親友になれるのか。この命題は、今回のカキコミによってはっきりしました。

 なれるんです。29才と30才の人妻がお風呂で体を洗ってくれるうえ、Wフェラ無制限、しかも共に名器。こんな関係、親友でしかありえません。「心友自身友」の字を当ててもいいでしょう。

39_big

 仲睦まじい様子を見させてもらうため、合計2万でアポって待ち合わせの駅に向かったところ、遠くからピンクを基調とした服装の2人がやってまいりました。一人が次課長の河本、一人が野際陽子。そのうちの河本だけがそばにやってきて、なんだか変な発音でしゃべりだします。

「あど-、サイトのぉ、えーどぉ、人ですよねえ?」
「ええ、はい」
「ホデル近いんでえ、大丈夫ですよねえ」

 こいつはずいぶんなタマが登場したものです。遠巻きに様子を観察している野際は、なにを怖れているんでしょう。

「あ、いいけど、お金ないからコンビニでおろすわ」

 OKを出したところでようやく野際が接近し、3人でセブンイレブンを目指しました。

「あの、2人はどういう関係なんですか?」
「どもだぢですう」
「ご近所さんとか?」
「どもだぢはどもだぢですう」

 野際はいっさいしゃべらないところからして、河本がリーダーで野際を御しているのかもしれません。ハナから金など払う気はなかったので、残高がなかったと言い訳すると、とたんに野際がツカツカと歩きだし、動きののろい河本を置き去りにしてしまいました。
 友情とは何か。みなさんも一緒に考えてみましょう。

 

 

TOPページへ戻る

 

 

この記事は『裏モノJAPAN2011年9月号[Kindle版]』に掲載されております。

他の記事をご覧になりたい方は、下記リンクよりアマゾンでお求めください。

裏モノJAPAN201109