その他
レッドブルを飲むと元気が出るってマジすか? 買ったら損する人気商品
2016.8.11

無題

 「レッドブル」は、世界で50億本以上を売る炭酸系エナジードリンクのトップ商品だ。

 とにかく、飲んですぐに体がカーッとなるような感覚が味わえるため、クラブに集う若者の間では、酒とカクテルする者も少なくない。

「最強のエナジードリンク」との評判も高い、「レッドブル」の正体とはいかなるものか?

 

A.カフェインと糖分のせいです

 「レッドブル」には、アルギニン、ナイアシン、パントテン酸といった健康成分がふくまれている。いずれも、体内のさまざまな化学反応を助ける大事な成分だが、普通に生活していれば特に不足するものでもなく、あえてドリンクで飲む必要性は薄いと言える。
 
 また、いずれの成分も、長期にわたって飲まなければ健康効果が見られにくいものであり、すぐに元気が出るわけではない。「レッドブル」を飲むと、すぐに元気になったような気がするのは、ズバリ、カフェインと糖分のせいだ。
 「レッドブル」には、コーヒーとほぼ同量のカフェインが入っており、これが身体の心拍数を上げる。と同時に、糖分で血糖値があがるため、短期間だけ体がやすらいだような効果が得られる。
 
 要は、一時的に脳の血のめぐりが良くなったせいで、あたかも元気になったような錯覚が生まれただけ。飲み続けると体が慣れて効果は薄くなるし、海外では心臓に悪影響をおよぼすとの研究結果も出ている。ご注意を。

 

 

 TOPページへ戻る

 

 

この記事は『買ったら損する人気商品[Kindle版]』に掲載されております。

他の裏技をご覧になりたい方は、下記リンクよりアマゾンでお求めください。

人気商品

最新刊
  • 雑誌オンライン
  • フジサンマガジン
  • ガチスタプラス