その他
周りからの印象を良くするには利き手・利き足の逆側を意識して行動せよ 暮らしに活かせるメンタリズム
2016.8.10

無題

 周りの人たちから良い印象を持たれたいときは、できるだけ利き手と利き足の逆側を意識して生活するとよい。

 ハーバード大学の研究によれば、人間の身体は、必ず利き手や利き足の逆の方向にゆがんでいる。ところが、私たちの心は、人は左右が非対称なものに対して無意識のうちに抵抗を感じる傾向が強いという。
 
 しかし、利き手と逆の手を使うことで身体のバランスが取れ、周りの人たちに「なんとなくイメージが良くなったな」と思わせることが可能なのだ。ハシを持つときや足を組むときなど、できるだけ逆側を使うように意識しよう。

 

 

 TOPページへ戻る

 

 

この記事は『暮らしに活かせるメンタリズム[Kindle版]』に掲載されております。

他の裏技をご覧になりたい方は、下記リンクよりアマゾンでお求めください。

メンタリズム表紙

最新刊
  • 雑誌オンライン
  • フジサンマガジン
  • ガチスタプラス