テクニック
ちょっと待った!そのトイレットペーパー、肛門がヤケドするかも
2016.12.27

907cf228e3b5a713d936fdb7e09f470c_s 

 近ごろ駅やデパートなどのトイレで、とある嫌がらせを行っている連中がいる。その手口は凶悪そのものだ。連中はまず、水で3、4倍に希釈したドメスト(強力なトイレ用洗剤)を洗面器にあけ、トイレットペーパーを丸ごとひとつ漬け込む。

 

 ペーパーが完全に乾き切った数日後、今度は公衆トイレに持っていき、備え付けのペーパーと取り替えるのだ。ドメストは高濃度のアルカリ性塩素で、たとえ希釈したとしても皮膚につけば100%の確率で化学性ヤケドを引き起こす。ましてや肛門は、外的な刺激にめっぽう弱い粘膜である。重症を負うのは火を見るより明らかだ。

 

 この手の嫌がらせから身を守る手段はひとつ。誰もが利用できるトイレで、不自然にウネウネと波打ったトイレットペーパーが設置されている際は、なるべく使わないに限る。

 

 

TOPページへ戻る

 

 

この記事は『今すぐ使えるワル知恵200[Kindle版]』に掲載されております。

他の裏技をご覧になりたい方は、下記リンクよりアマゾンでお求めください。

61khyAteJ3L