テクニック
「その新聞記事の男、誰だと思う?」 出会い系殺人の犯人になりすませば女はワリキリ代を要求しないのでは
2016.12.9

 日ごろ、俺が「ムダな金を使ったなぁー」と後悔することのひとつにエンコーがある。ルックスが平均点以下の女どもに毎度2万も3万も支払うのはホントにバカらしい。

 

 そんな時、ふと頭に浮かぶのが、やり逃げの4文字だ。どうにか金を支払わず、タダマンできないものか。

 

 理想を言えば、何かしらのウソで女をだまして、必死にトンズラをかますやり方よりも、圧倒的な恐怖心を与えて、こちらに金を請求できなくさせる手口がいい。その方が成功率も高そうだし、リスクも低いように思えるからだ。

 

 ならば、ヤクザを装い、何だかんだと因縁をつけた挙げ句、なし崩しにハメちまうのはどうだろう。

 

 …いや、それはよろしくない。まかり間違って女が組の関係者だったらシャレにならないし、脅迫したことで罪に問われる可能性も大だ。うーむ……。

 

 あれこれ頭を悩ました結果、名案を思いついた。刑務所を出たての元殺人犯を装うのだ。それも出会い系で知り合った女を殺したという設定の。

de8438a95a2_s

 もっとも、そんなことを自分の口で語るのはいかにもウソくさいし、何よりインパクトにも欠ける。では、どうするか?

 

 まず俺が向かったのは、地元の大きな図書館だ。目的はそこに保管されている過去の新聞から、出会い系に関係した殺人事件の記事のコピーを探し出すことにある。しかもなるべくなら、すでに世間からすっかり忘れられた地味な事件がいい。

 

 …お、あったあった。『伝言ダイヤルで知り合った女が変死。一緒にいた男を強盗殺人の容疑で逮捕』とな。いいねぇ。えぐいねぇ。

 

 目当ての記事を手に入れたら、お次は自分の証明写真を撮り、そいつを記事中にある容疑者の写真の上にピタリと貼り付ける。その状態で記事をコピーすれば準備完了だ。

 

 こいつをどう使うかは、言うまでもないだろう。エンコー女とホテルにしけ込んだ際、ビシッと突きつけてやるのだ。俺はこの事件の犯人なんだと。その気になれば殺人もいとわない狂人なんだと。いやぁ、ワクワクする。きっとぶったまげるだろうな。チビったりして。

 

 さっそく出会い系で女とアポり、待ち合わせ場所へ。現れたのは自称25才のOLだ。一重まぶたのきつい目つきにどことなく気の強そうな性格が見てとれる。大丈夫か?

 

 ホテルにチェックインするや否や、コートも脱がずに女は切り出した。

 

「あの、先にお金をいただきたいんですけど」

 

 おいでなすったな。

 

「あ、そうだね。でもちょっとその前に、これを見てほしいんだけど」

 

 ポケットから取り出した例の記事コピーを、おもむろに女の目の前に広げる。

 

「ん、なに?」
「あのさ、この記事の犯人の顔、よ~く見てごらんよ。誰かと似てない?」

 

 挑みかかるように、俺は女の顔をのぞき込んだ。

 

 新聞と俺を交互に見つめるうち、きょとんとしていた女の表情が、みるみる強ばっていくのがわかった。

 

「え? え? あの… … え? これって何ですか」

 

 泳ぎまくった目が、彼女の内心を雄弁に語っている。この人、出会い系の女を殺してるの? マジ? そんな悲痛な声が、今にも聞こえんばかりだ。

 

「見たまんまだよ。それ、俺のことだから。でも、安心して。俺、普段はチョー優しい男だから。短気を起こさなければね」

 

 ふいに女の肩に手を回した。さらに恐怖心をあおるための演出のつもりだったのだが、予想以上に効いたらしい。彼女はヒッと息を飲み、体を硬直させている。

 

「ところで相談なんだけど、実はつい先日ムショから出てきたばかりで、いま金がないんだよね。どうしようか?」

 

 ここで重要なのは、決して相手を脅迫しないことだ。タダマンはあくまでも女が自分の意志で認める形でなければならない。まあ、この期に及んで、かたくなにエンコー代を要求するバカなどいるワケないんだが……。

 

 ややあって、女がぎこちない笑みを浮かべた。

 

「あの、別にお金は大丈夫です。あ、そうだ、お風呂でもわかしてきましょうか?」

 

 いやぁ、気を遣わせちゃって悪いね。では、お言葉に甘えさせてもらいやす。
      

 殺人事件の記事は相当なインパクトを与えるようで、それ以後も、現在に至るまで連戦連勝というウハウハな状況が続いている。まったく笑いが止まらないが、いつか手痛いしっぺ返しが待っている気もしてちと怖い。 

 

 

 

TOPページへ戻る

 

 

この記事は『男のエロ知恵140[Kindle版]』に掲載されております。

他の裏技をご覧になりたい方は、下記リンクよりアマゾンでお求めください。

男のエロ知恵