その他
ナチス収容所の跡地には ドクロの形をした花が咲く・・・!?
2016.12.1

どんな噂?

 600万人以上のユダヤ人がガス室送りになった、ナチスの強制収容所。人類史上最大級の悲劇を生んだこの場所には、昔からドクロの形をした不気味な花が咲く。

 無念にも命を失った者たちの怨念か、はたまた殺害に手を染めた兵士たちの呪いか。いずれにせよ戦争の恐ろしさを痛感せずにはいられない。

A-Simple-PC-Grow-Box-Build-Idea

 

 

真相

 雑誌などでも紹介されたエピソードだが、写真の花は、「キンギョソウ」という園芸植物だ。枯れたあとに周囲のさやだけが残り、あたかもドクロのような形になってしまう。

 世界中の園芸家の間でよく知られた植物で、言うまでもなくナチス収容所の跡地に咲くなどといった報告は存在しない。

 

 

TOPページへ戻る

 

 

本稿は『死ぬほど怖い噂100の真相 』に掲載されております。

他の記事をご覧になりたい方は、下記の画像リンクよりアマゾンでお求めください。

518cVfHzukL

最新刊
  • 雑誌オンライン
  • フジサンマガジン
  • ガチスタプラス