テクニック
小心者の人間を見ぬく方法はコレ
2016.12.1

6bcd19bf934b6f2911b6745b2929a9c9_s

 小心者の人間は、「つまり」「要は」「逆に」などの言葉をよく使いやすい。

 
 一見、冷静で論理的で冷静なしゃべり方に見えるが、アリゾナ州立大学の調査によれば、1分間に「つまり」を4回以上使う人間は、さびしがり屋で他人の気持ちに敏感な小心者が多いという結果が出た。気持ちが小さいのを、冷静な言葉で隠そうとする気持ちが働くのが原因らしい。
 
 また、同じリサーチによると、「つまり」「要は」「逆に」を使う人間は嫌われやすいことも判明した。できるだけ、使わないよう注意すべし。

 

TOPページへ戻る

 

 

この記事は『暮らしに活かせるメンタリズム[Kindle版]』に掲載されております。

他の裏技をご覧になりたい方は、下記リンクよりアマゾンでお求めください。

メンタリズム表紙

最新刊
  • 雑誌オンライン
  • フジサンマガジン
  • ガチスタプラス