その他
「眠眠打破」で本当に目は覚めるのか?
2016.11.30

 「眠眠打破」は、レギュラーコーヒー2杯分(300ml)に相当するカフェイン120mgを含有する清涼飲料水。カフェインのほかに、アルギニンやビタミンB群などを配合し、仕事、勉強、運転など、眠りたくないシチュエーションで効果を発揮するという。その実力とは?

 

41xg4+12KNL

A.短時間だけ元気になるが集中力には悪影響が出ます

 「眠眠打破」には、カフェインのほかにアルギニンやビタミンB群が配合されている。順番に見ていこう。
 
 ご存じのように、カフェインには覚醒作用があり、昔から眠気覚ましに使われてきた成分だ。
 
 が、もう1つの主成分であるアルギニンには、眠気を覚ます作用は認められていない。その他のビタミンB群にしても、健康には重要な栄養素だが、あくまで即効性はなし。その意味で、確実に目を覚ます成分は、カフェインだけだ。
 
 それならば普通にコーヒーを2杯飲んでも効果は変わらないし、コーヒーをいれるのが面倒なら「エスタロンモカ」のようなカフェイン錠(420円)を買ったほうが格段に安くすんでしまう。
 
 また、「眠眠打破」にはブドウ糖が入っているため、血糖値を急激に上げる作用がある。そのせいで一時的にテンションは上がるが、血糖値の乱高下により、逆に集中力は下がってしまう。勉強や仕事に効果があるかは疑問だ。

 

 

TOPページへ戻る

 

 

この記事は『買ったら損する人気商品[Kindle版]』に掲載されております。

他の裏技をご覧になりたい方は、下記リンクよりアマゾンでお求めください。

人気商品