テクニック
寄生虫を悪用し、意図的に食中毒を引き起こす地獄の嫌がらせ
2016.11.15

PAK85_lalaonakaitaidesu20140321_TP_V

 

 アニサキスをご存じだろうか。魚介類に寄生する小さな寄生虫で、刺身などを食べて起きる食中毒の大半はこのアニサキスが原因と言われており、おもにサバ、サケ、アジ、イカ、タラなどを生きた状態でさばけば、ほぼ100%、内臓からぷつぷつと出てくる。肉眼でも見えるため、その気になれば誰でもカンタンに入手できるわけだ。

 

 あまり知られていないことだが、この寄生虫を悪用した嫌がらせはかなり昔から存在している。そう、意図的に食中毒を引き起こす手段に用いられているのだ。

 

 食事に混入されたアニサキスを誤食すればただでは済まず、激しい腹痛に襲われ、七転八倒の苦しみを味わう。むろん死に至るほどではないが、場合によっては腹痛が1週間程度も続くのだから、まさに地獄といえよう。

 

 当然ながら、食中毒の原因と言われるアニサキスを使えば、個人だけでなく、飲食飲店も大いにターゲットになり得る。店の評判を一瞬で落とすのに、食中毒患者を出すことほど強烈なダメージもないのだから。

 

 

TOPページへ戻る

 

 

この記事は『今すぐ使えるワル知恵200[Kindle版]』に掲載されております。

他の裏技をご覧になりたい方は、下記リンクよりアマゾンでお求めください。

61khyAteJ3L

最新刊
  • 雑誌オンライン
  • フジサンマガジン
  • ガチスタプラス