テクニック
【出会い系】毎日1分の地道な作業をすれば、半年に一度のペースで貧困女子が家に来るかも?
2016.11.14

YO150301510I9A0919_TP_V

ASOBO

 

 ポイント制の有料出会い系で、専用アプリもあり(アイフォン、アンドロイド共)非常に使い勝手がいい。

 

 が、女はサクラやキャッシュバッカーをのぞけばほとんどがエンコー希望で、特にアプリ世代ともいえる、18才〜20代前半の子が多い。この状況でどうセフレを作るのか。どう考えても無理だろう。そう、非常に難しい。しかし毎日、1分ほどの単純作業を繰り返すと、半年に1人ほど獲物が引っかかる。効率が悪いので、他サイトをマジで、こちらは上手くいけば儲けモンぐらいの感覚でいればいいだろう。

 

 ではその手法を。毎日、夕方6時くらいにサイト内の「オトナ掲示板」に以下の文を投稿する(無料)。

 

〈自宅マンションで1人お酒を飲む予定の29才フツメンです。趣味が料理なんで好きなモノ作ってあげるから誰か食べ&宅飲みしに来ませんか? 大宮駅から徒歩5分くらい!ちゃんと終電までに帰すから心配しないでね〜〉

 

 

 お察しのとおり、リターンのほぼすべてが普通のエンコー誘いメールだ。それらはスルーする。ところが、半年に一度くらい、エンコーには触れずに「お願いします」みたいな女があらわれる。エンコー女ではあるのだけど、客が見つからないし泊まるところもないような、本当に切羽つまった状況になってメールをよこしてくるパターンだ。若いエンコー女が多いこのサイトだからこその現象だろうと思う。

 

 家に来てしまえば、エンコー女であろうとタダでどうにかなるもの。彼女らにも一飯の恩義ぐらいはあるのだろう。

 

 

TOPページへ戻る

 

 

この記事は『確実にセフレを作る方法[Kindle版]』に掲載されております。

他の裏技をご覧になりたい方は、下記リンクよりアマゾンでお求めください。

セフレ