テクニック
科学が証明した「唯一の正しいウソの見抜きかた」とは?
2016.11.10

1d2c5ef24134c29805fc6134d8651bb8_s

 ウソの見抜き方を書いた本は多い。「目をそらしたら注意」や「腕を組んだらウソのサイン」「口や鼻をよくさわる」といったテクニックが定番だが、その大半は科学的な根拠がない。例えば眼球の動きは、意思の力でも比較的コントロールしやすいので、目に注目してもムダになりがちなのだ。 逆に、科学が証明した「唯一の正しいウソの見抜きかた」とは?

 

 他人のウソを見抜きたいときは、相手の声の抑揚に注目してみよう。声が普段よりもキビキビしていたら、真実を話していない可能性が高い。
 
 一般的に声はもっともウソが現れやすいところで、目や姿勢よりも、意識的にコントロールをしにくい。
 
 注意してほしいのは、あくまで声の抑揚が重要で、声の大きさやスピードが問題ではないところ。たとえ普段ボソボソとしゃべる人でも、ウソをつくとイントネーションの上下が、いつもよりもハッキリしてしまうところがポイントなのだ。
 
 もちろん、プロのメンタリストはこの点に大きな注意を払っており、声の抑揚が変わらないようにトレーニングをしている場合が多い。

 

 

TOPページへ戻る

 

 

この記事は『暮らしに活かせるメンタリズム[Kindle版]』に掲載されております。

他の裏技をご覧になりたい方は、下記リンクよりアマゾンでお求めください。

メンタリズム表紙

最新刊
  • 雑誌オンライン
  • フジサンマガジン
  • ガチスタプラス