その他
「新キズドライ」を使えば傷の治りは早くなる??
2016.11.9

71VnwmpJWjL._SY445_

 

 「新キズドライ」は、小林製薬が開発したスプレー型の殺菌消毒薬だ。

 
 パウダーがジュクジュクした傷口をサラッとさせたあと、殺菌成分が化膿の進行をストップ。局所麻酔剤が痛みを止めて、傷の治りをスピードアップしてくれるという。この人気の消毒薬は、買ったら損か得なのか?

 

A.いまとなっては古いタイプの消毒薬です

 

「スプレーでサラサラにして傷を治す」と主張する「新キズドライ」だが、実はこれ、

 現代における最新ケガ治療の常識とは真反対の方法だ。「傷は乾かすと治る」や「傷は消毒しないと化膿する」といった知識はすでに過去のもので、いまは

・消毒をしない
・乾かさない
・水道水でよく洗う

 の3点をメインにした、いわゆる「湿潤療法」が常識になっている。

 
 というのも、傷口に出るジュクジュクした液体には、傷を治すための物質が豊富にふくまれており、消毒液はこの成分を殺してしまうからだ。そのため、傷口に「新キズドライ」を使うと、逆に傷の治りが遅くなり、傷口の化膿も進んでしまう可能性が高くなる。本当に傷を速く治したいなら、使用をひかえるべきだろう。

 
 現在では、湿潤療法用のバンドエイドや、ジェルタイプの治療薬が販売されているので、そちらを買おう。

 

 

 

TOPページへ戻る

 

 

この記事は『買ったら損する人気商品[Kindle版]』に掲載されております。

他の裏技をご覧になりたい方は、下記リンクよりアマゾンでお求めください。

人気商品

最新刊
  • 雑誌オンライン
  • フジサンマガジン
  • ガチスタプラス