アンダーグラウンド
タバコに香水をかけられたら呼吸困難になることも 今すぐ使えるワル知恵200
2016.11.8

883376fb49ec7296cbc38c9ea302cb61_s

 タバコの箱から香水のニオイが漂っていたら、悪いことは言わないので箱ごと捨てることを強く勧める。誰かに一服盛られた可能性が高いからだ。
 机に放置されたタバコの箱の中に、スキを見て香水をふりかけるイタズラがある。この香水まみれのタバコをひと吸いするだけで、胸の奥から急速に吐き気がこみあがってきて、実際に嘔吐したり、気分が悪くなるのだ。頭痛を引き起こしたり、中には呼吸困難になってしまうなどの甚大な被害も起こっている。
 喫煙者はちょっと妙なニオイがしたからと言って、タバコを捨てるようなことはしない。「もったいないので吸っとくか」となる、その貧乏根性をついた悪質なイタズラだ。ちなみにこれ、クリスチャン・ディオールの「プワゾン」やカルバンクレインの「エタニティ」など、スッキリかつフルーティな香りの香水が使われることが多い。

 

 

TOPページへ戻る

 

 

この記事は『今すぐ使えるワル知恵200[Kindle版]』に掲載されております。

他の裏技をご覧になりたい方は、下記リンクよりアマゾンでお求めください。

61khyAteJ3L

最新刊
  • 雑誌オンライン
  • フジサンマガジン
  • ガチスタプラス