テクニック
婚活パーティであぶれたいよいよ待ったなしの女たちが身銭を切って対面を申し込んでくる 確実にセフレを作る方法
2016.11.7

PAK85_lalaokotteiruOL20140321_TP_Vブライダル情報センター

 このサイト『ブライダル情報センター(以下B)』は、いわゆる結婚相談所である。会員のプロフィールが並んだ専用ページで異性を選び、「お見合い」を申し込むというのが大まかなシステムだ。

 料金は、
●入会金2万5千円(だが半額キャンペーンが頻繁にある)
●お見合い申し込み料7千円(受ける側は無料)

 安くはない。だからオレは自分からはお見合いを申し込まず、プロフィール登録だけして“待ち”でいるのだが、これがなかなか悪くない。3、4ヵ月に1度は、女性からのお見合い申し込みがあるのだ。

 オレの登録プロフィールに特筆すべきものはない。写真の容姿は人並み、年収は300万円。自己PRもありきたりなものだ。にも関わらず、7千円払ってまでも会いたいという女性が定期的に現れるのだ。

 いざお見合いは、Bの事務所(全国に14ヵ所)で行う。立会人などはおらず、2人だけで小1時間ほど喋るのだが、オレは過去に会った何人かの女からこんな話を聞いた。

「エクシオのパーティーに行ってたんですけどなかなかいい出会いがなくて…」

 エクシオはお見合いパーティー業者の全国チェーンで、Bの運営会社でもある。つまりパーティーで成果が出せずにいる女をこちらへ引き込んでくるシステムがあるらしい。
 お見合いの席ではまだ連絡先交換はしてはいけないキマリで、終了後、今回の相手についてBから質問メールが来る「。OK」か「お断り」か。双方が「OK」ならカップル成立で、互いに相手の連絡先が教えられる(その際、各自3千円必要)。

 オレは過去6人の女とお見合いし、ここで「お断り」を食らったことはない。彼女らは結婚にいよいよ焦っているからだろう、その後のデートでも、5人とセックスできている。

 一回入会すれば、有効期限は3年間ある。プロフィールを登録しておくだけで定期的に女が言い寄ってくれるのだから悪くないと思う。

 

 

TOPページへ戻る

 

 

この記事は『確実にセフレを作る方法[Kindle版]』に掲載されております。

他の裏技をご覧になりたい方は、下記リンクよりアマゾンでお求めください。

セフレ