その他
映画「感染」にこちらをニラむ少女の霊が映り込んだ 死ぬほど怖い噂100
2016.11.3

どんな噂?

  2004年公開のホラー映画「感染」は、少女の霊が映り込んだと話題になった作品だ。映画の中盤で、女優の星野真里が注射を打つシーンの背後に、恐ろしい形相でこちらをニラみつける少女の姿がハッキリと見える。

 このシーンの前後には少女が現れる場面などなく、真相はまったく不明だ。

 

無題

 

真相

 スポーツ新聞などにも掲載された噂だが、実は報道の数日後に映画の出演者が真相を暴露している。クランクアップ後の談話によれば、主演の真木よう子が、間違って関係ないシーンに映り込んでしまったのを、誰も気づかず公開までいたってしまったそうだ。

 

 

TOPページへ戻る

 

 

本稿は『死ぬほど怖い噂100の真相 』に掲載されております。

他の記事をご覧になりたい方は、下記の画像リンクよりアマゾンでお求めください。

518cVfHzukL

最新刊
  • 雑誌オンライン
  • フジサンマガジン
  • ガチスタプラス