その他
映画「家族ゲーム」で宮川一朗太の顔に黒い亡霊が映り込んだ 死ぬほど怖い噂100
2016.10.27

どんな噂?

 19 8 3 年の日本映画「家族ゲーム」は、心霊現象が起きた作品として有名だ。問題のシーンは映画が始まって26 分後。松田優作と並ぶ宮川一朗太の顔を、アザのような黒い影がジワジワと這いずりまわる。その動きは照明の加減ではなく、どう見ても生物の影としか思えない。

 

無題

 

真相

 映画評論家の有村昆氏がテレビ番組などで広めた有名な噂だが、真相は簡単だ。
 このシーンはガラス越しに下のアングルから2人の俳優を撮影したもので、その際、ガラスに反射した宮川一朗太の手の影が、本人の顔に映り込んでしまったのだ。

 

TOPページへ戻る

 

 

本稿は『死ぬほど怖い噂100の真相 』に掲載されております。

他の記事をご覧になりたい方は、下記の画像リンクよりアマゾンでお求めください。

518cVfHzukL

最新刊
  • 雑誌オンライン
  • フジサンマガジン
  • ガチスタプラス