テクニック
エロチャットに乗ってくる人妻がいかに多いかやってみればわかります 俺たち中年おっさん200人こうしてセフレを作りました
2016.10.8

LINE PLAY

無題

 ラインのサービスのひとつで、自分の分身(アバター)を作って知らない人同士で会話をする、みたいな仕組みになっている。
 やってもらえばわかると思うけど、平日の午前中や昼間にログインしたら周りはほとんどが主婦連中だ。何をするでもなくパーク(人が集まる広場)をフラフラしてたりする。
 俺はここにいる人妻たちに片っぱしからエロチャを仕掛けている。直球勝負で『エロチャしようよ~』と声をかけていくわけだ。
 これに乗ってくるヤツは一定の割合でいる。エロチャはラインでやるので、「チンコビンビンだよw」とかなんとか言いながら進めていけばいい。
 エロチャが終わったら「また明日ヒマだったら付き合ってよwww」と伝え、これを数日続けて行くことで関係ができてくる。
 こんな女を5、6人確保しておくのだが、エロチャだけでなくときには普通の話もしておいたほうがいい。趣味とか好きなテレビの話とかも交えつつ、適当に話を合わせながら会話を続けることおよそ1ヶ月。機が熟したところで『マジでエッチしてみない? お互い秘密でセックスだけの関係ってのもありだと思うんだけど』と仕向ける。
 仮に断られたところであきらめるのはもったいない。『じゃあもしリアルでしたくなったら言ってね』と言い続けることで必ず会える日がやってくる。これまで何度もラインでエッチした仲なのだから、向こうが自然に親しみを持ってくれてるのだと思う。
 ちなみに顔写真を求められたときは素直に自分のものを送ったほうがいい。別に女はイケメンを探してるわけじゃなくて(そういうのもいるにはいるけど)、こっちの人となりを知りたいだけなのだから。

 

TOPページへ戻る

 

 

この記事は『俺たち中年おっさん200人こうしてセフレを作りました[Kindle版]』に掲載されております。

他の裏技をご覧になりたい方は、下記リンクよりアマゾンでお求めください。

中年セフレ

最新刊
  • 雑誌オンライン
  • フジサンマガジン
  • ガチスタプラス