スポット
関西弁のおっちゃんがラブソングの弾き語りで男女客をくっつける 男の興奮スポット400
2016.8.5

宮城・仙台 ●すけ

無題

 私が同じ飲み屋に何度も足を運ぶキッカケになるのは、料理そのものや立地だけでなく、店主の人柄が大きい。そういう意味で、この店はサイコーだ。
 カウンターとテーブルを合わせても12席の小さな店だが、常連もそうでない客も関係なく、店主のおっちゃんがみんなに陽気に声をかける。
 とにかく人懐っこい。関西出身なのでユーモアのセンスもあり、ついつい会話に引き込まれてしまうほどだ。話だけでも十分楽しいのだが、おっちゃんには独身の男性客と女性客がいるとくっつけたがるという素敵なクセがある。
 週末の夜は一見の女性客がパラパラ来る。そのうちに「きみら2人、付き合ったらいいやん」と始まって、場合によってはギターを持ち出してラブソングまで奏でてくれる。通いたくなるでしょ?

 

 

TOPページへ戻る

 

 

本稿は全国 男の興奮スポット400(スマホで簡単なDMM版はコチラ)に掲載された記事をWeb版に再編集したものです。

他の記事をご覧になりたい方はアマゾンKindle版(スマホでOK)でも購読できますのでよろしくお願いします。

興奮スポット

最新刊
  • 雑誌オンライン
  • フジサンマガジン
  • ガチスタプラス