その他
最強のダイエットサプリ!? 共役リノール酸なら楽に痩せられるって本当なの? 信じたらカラダを壊す有名健康法100
2016.6.26

 共役リノール酸は、植物性の油や乳製品などにふくまれる不飽和脂肪酸の一種。オリーブオイルなどに豊富に入っており、体脂肪を燃やす効果が高いというが…。
 
 共役リノール酸は、オリーブオイルや牛肉、チーズなどにふくまれる脂肪酸の一種だ。昔から体脂肪を燃やす効果が高いと言われ、DHCからもダイエットサプリが発売されている。脂肪を減らす効果のほかにも、体脂肪を筋肉に変えたり、脂肪を貯めこむ酵素をブロックしたりと、ダイエットに役立つ機能が満載。1日1000〜2000mgを飲むことで、バランスの取れたボディをキープできるという。
 
 これが事実なら夢のようなサプリだが、科学的にはどれだけの効果が認められているのか?

無題11
A.ダイエット効果は微妙にあるが副作用の方が心配

 共役リノール酸の研究で有名なのは、2007年にウィスコンシン大学が発表した論文だ。過去に出た共役リノール酸とダイエットに関する
18件のデータを精査したメタ分析で、科学的な信頼性は非常に高い。
 
これによると、共役リノール酸を飲んだ参加者は、平均で週に0.1キロずつ体脂肪が減っいくらしい。この効果は服用を始めてから6カ月目まで続き、それ以降はほぼ効果が消えていくという。非常に小さな差だが、確かに効果はあるようだ。
 
ただし、これはあくまで太りぎみの人(BMIが30以上)が使った場合だ。普通体型(BMIが25以下)の人が使っても、同じ結果は得られない。つまり、平凡なスタイルの人がモデル体型を目指すために使って意味はないわけだ。
 
また、共役リノール酸は、副作用の報告が多いサプリでもある。例えば2007年にウプサラ大学が出した論文によれば、共役リノール酸サプリを飲んだ人は体内の炎症レベルがアップし、脂肪肝の割合が増えたという。痩せたはいいが、体の老化が進んでしまっては意味がない。ご注意を。

 

 

TOPページへ戻る

 

 

本稿は信じたらカラダを壊す有名健康法100に掲載された記事をWeb版に再編集したものです。

他の記事をご覧になりたい方はアマゾンKindle版(スマホでOK)でも購読できますのでよろしくお願いします。

有名健康法

最新刊
  • 雑誌オンライン
  • フジサンマガジン
  • ガチスタプラス