ピックアップ
歌舞伎町で摘発! 「JK回転売春ルーム」の恐るべき実態とは?
2016.6.20

【裏モノネット運営より】

 本日(20日)昼の12時25分、ヤフーニュースにこんな記事が掲載された。

警視庁は20日、女子高生らが接客する東京・歌舞伎町の「JKビジネス」の店舗「制服相席屋」を風営法違反容疑で摘発し、店長の男(35)を同法違反(年少者使用)容疑で逮捕したと発表した。(読売新聞

 記事によると今月18日、「制服相席屋」なる店で17才の女子高生や無職の少女が男性客にわいせつな行為をした容疑で摘発されており、同店では日頃から「裏オプション」なる名目で性的行為が行われていたという。

 歌舞伎町のど真ん中でJKが売春という、にわかには信じがたい内容。まさに驚愕の事実が表沙汰になったワケであるが、いったいどんな手法で、どんな行為が横行していたのだろうか。

 実は以前から、同様の情報がもたらされていた裏モノJAPAN編集部では、その実態を調査すべく、JKビジネス店舗へ潜入取材を試みたことがある。

 その記事が掲載されているのが以下の2016年7月号であり、

201607

今回、当サイトへ該当記事を公開させていただくこととした。

 18才未満の少女たちが売春をもちかけてくる(?)、にわかには信じがたいシステムはいかなる内容だったのか。以下は、その調査内容である。

 

 

【本文ここから】

 個室で女子高生とおしゃべりする業態の店、通称『JKコミュ』の闇が深刻だ。狂ったロリコンどもが集うネット掲示板を見ていると、不気味としか言いようがない。
「JKコミュ○○には本物のJKがいて、だいたい全員、店内で本番をやってる」
「JKコミュ××もアンダーの店内売春が横行している」
 現在、本物の女子高生と普通にヤレる店が、都内だけでも2、3店舗は存在するという。
 本誌は過去2回(15年9月号16年2月号)、その時点でもっとも悪名の高かったJKコミュで働く女の子と客の様子をリポートし、実態を白日の下にさらした。
 今回の第三弾で取り上げる店は、そのさらに上をゆく狂気ぶりである。なにせ個室に次から次へとJKが入ってくる〝回転システム〞なうえ、複数プレイまで匂わせてくるのだから。

保険証も見せてもらえませんか?

 GW明けの平日、夕方5時。新宿・歌舞伎町。
 職安通り沿いの雑居ビル前に立った。外壁のはがれが目立つこの年期が入った建物の6階に、件の店は入っているようだ。
 意を決して6階へ。目当ての部屋に向かうとトビラが開いており、入り口で制服姿の女の子2人が男性客を見送っていた。
「バイバーイ」
「また待ってる〜」
 メイドカフェなどでよく見られるような光景だが、気になったのは客の様子だ。こちらに気づくとさっと真顔になり、足早へエレベータへ向かう。いかにも気まずそうな感じで。
 女の子たちが室内に消え、その後に続くように店内へ。玄関口に男性スタッフが出て来た。
「お待たせしました。どうぞ」
 入り口をきょろきょろ見渡す。下駄箱に客のモノらしき靴がたくさん並んでいるあたりに活況ぶりがうかがえる。風俗店のように、制服姿の女の子の写真が貼られたボードが置いてあるのは不気味だ。見た感じ、何だか〝ホンモノ〞っぽいし。
 と、スタッフがいきなりこんな説明を始めた。

「初めての方ですよね? でしたら、最初に入会手続きをしてもらいたいんですが。入会金は6千円、最初に本人確認ということで、顔写真付きの身分証と、保険証も見せてもらえませんか?」
 …いくら本人確認をしたいからって、そこまで念入りにする理由って…。客に扮した捜査員じゃないか見極めたいってことだろうか。警察官の保険証には『警察共済組合』と書いてるあるそうだし。
 とりあえず、言われるがままに入会手続きを済ませると、スタッフが料金表を見せてきた。
「システムはこんな感じです」
 個室の利用料金は30分3千円(夕方5時以降は4千円)。指名は無料でできるが、個室に女の子が入ってきたら最初にチップ千円を渡してほしいという。
 また『VIPルーム』という特別個室を選択すれば(プラス3千円)、同時に女の子を2人呼んで会話することも可能らしい。
「時間内に女の子の変更は何回行ってもらっても大丈夫です。ただ、次の女の子が来たら、そこでまたチップを払ってください。千円でチェンジできると思ってもらえればいいかと」
 これがこの店の回転スタイルか。チェンジなんてモロ風俗用語だし、いろんなJKと性的な交渉をしてみてくださいって言われてるようで寒いんだけど。

最後までなら2とか2・5とかだけど

 システム説明が終わると、スタッフが指名写真ボードを指さした。
「一人目はどの子にしましょうか?」
「…全員高校生ですか?」
「そういうグレードになります」

 グレード? 学年ってことか?

「…この子とかは、特に若そうですね?」
「グレードでいうと1ですね」
 高1ってわけか。にしてもグレードなんてアバウト表現を使って明言しないのは、やはり警戒からだろうか。
 ひとまず、若さ満点の高1嬢を指名して基本料金を支払うと、奥に案内された。
 カーテンで仕切られた部屋が7つほど並んでいる。使用中らしき個室もあるが、大音量で音楽が流れてるせいもあってか、会話や物音は聞こえない。
 通された部屋は、広さ1・5畳ほどのマット敷きの個室だ。壁にタイマーがかけられている以外、何も置いていない。
 すぐに入り口のカーテンが揺れ、制服姿の女の子が入ってきた。言われとおり千円を渡す。
「ありがとうございまぁーす」
 タイマーを操作する彼女をまじまじ眺める。あどけない表情や肌の質、たしかに若い。
「高1って聞いたけど、今、いくつなの?」
「15」

 個室でしゃべっているだけでも罪悪感が襲ってくる年齢だ。つい最近まで中学生だったわけだし。
「今日は学校は?」
「行ってない。定時制なんで」
 JKリフレやJKガールズバーなど、女子高生向けの高給バイトの場によくいるタイプの人種ってわけか。
「ここはいつから働いてるの?」
「高1になってからだよ。4月から」
 ほんとはリフレで働こうかと思ってたけど、知り合いにこの店のことを教えてもらって興味を持ったらしい。
「リフレより、こっちのほうが稼げそうだったし」
「時給がいいってこと?」
「んーん。ここ、時給とかはなくて、お客さんから直接もらって稼ぐ感じなんで」
「さっきの千円がキミの給料になると」
「そうそう。で、あとはまぁいろいろ交渉して。一応、全部できますよ」
「全部?」
「最後までなら2とか2・5とかだけど。何がしたいですかぁ?」
 いきなり一人目から援交嬢の登場だ。しかし自ら持ちかけてくる15才ってのもスゴイ。
「口で1とかでもいいですよ。けど、触るなら1・5はお願いしたいですが」
 聞いてるだけでクラクラしてきた。そんな危ない橋は渡れないって。
「…いやー、まだ来たばかりなんで、他のコも見たいってのもあるんで…」
 慌ててチェンジを切り出したところ、彼女はすんなり応じてタイマーに手をのばした。
「大丈夫だよ。じゃあ、もし良かったらまた呼んでください」

自分でやってもらってもいいですよ

 高1嬢と入れ替わりでスタッフがたずねてきた。指名写真ボードを持っている。
「次はどの子にしますか? 他のお部屋に行ってる女の子もいますんで、選べるのはこの3人で、グレードは3、3、2って感じになりますが」
 勝手に次から次へ来るわけではなく、チェンジの都度、指名できるようだ。
 2人目は、バイトに入るのが2回目らしい高3嬢を指名してみることに。やってきた女の子は、美術部とか放送部とかにいそうな個性的な雰囲気だ。
 千円を渡すと、彼女はスカートがめくれることなども気にせずにだらしなく足をくずして座る。太ももがガバっと露わになった。

「ちょっと足見えすぎてるよ」
「パンツ見えた?」
 ケラケラ笑ってスカートのすそを直している。何だか援交慣れしてそうだけど…。

 

 

続きは次ページへ

 

 

最新刊
  • 雑誌オンライン
  • フジサンマガジン
  • ガチスタプラス