ピックアップ
口コミ投稿者に甘い言葉で…。出会い系で騙された女はまた同じ手口に引っかかる、の法則
2016.6.9

ワキが甘くて頭も弱い根っからのカモ体質

 ネットで偶然、面白そうなサイトを見つけた。

「出会い系口コミ評価 サクラちる」というもので、悪質出会い系サイトで被害にあった連中が大量の口コミを投稿しているのだ。しかも投稿者の多くは女性によるもので、書き込まれている内容があまりにもしょぼい。

いくつかの例をあげると、

「ベアーズのユーザー、ケンイチに注意です。ベアーズで知りあった女性を出会い系サイトの◯◯に誘導して、多額のポイント料金を使わせます。私もケンイチの甘い言葉に騙されて50万円ほど使い込んでしまいました。本当に悔しいです。」

「出会い系の◯◯はサクラしかいません。かなりのイケメンからメールをもらい、うっかり返信してしまいました。かわいそうな身の上話をされ同情したのが悪かったです。気が付けば、親に借金してまでのめりこんでしまい、今大変なことになっています。」

「恋人いない歴=年齢なので、彼氏欲しさのあまり冷静さを失ってしまいました。散々私をもてあそんだ人たちを許せません」

 いまどき、こんな典型的なサクラの手口にコロッとやられるワキの甘さ。彼女たちがいかに頭の弱いカモ体質なのかがよ~くわかります。同時に、男にさっぱり縁のない非モテ女子であることも。

 根っからの詐欺師である俺からすれば、宝の山を見つけた思いだった。やりようによってはこの連中から、たんまり金を引っ張り出せるかも。

出会い系詐欺

 

シンゴくんのためなら命だって張れるよ!

 真っ先に思い浮かんだのは、彼女たちが非難する出会い系のサクラと全く同じ手法だ。つまり、ネットで拾ったイケメン写真と甘い言葉で彼女らに近づき、すっかり甘い言葉で相手がのぼせ上がったタイミングで、何かと理由をつけては金を無心していく寸法だ。

 ただしこのサイトには、口コミ報告主へ、第3者から直接メールを送れる機能がない。その代わり、Twitterには同サイトのアカウントがあり、フォロワーが500人もいる。

 常識的に考えて、このフォロワーの大部分も、過去、出会い系で痛い目にあった連中である可能性は非常に高い。

 さっそくその中から女ユーザーだけをチョイスし、片っ端からフォローしまくった結果、およそ15人の女とあっさり相互フォローしあうことに成功した。ツイッターをやらない人にはちんぷんかんぷんだろうが、早い話、15人の女とプライベートメッセージのやり取りが可能になったわけだ。

「フォローありがとうございます。婚活中のシンゴです。ぜひ仲良くしてください。」

「こちらこそ。ところでアカウントの写真ってシンゴさんご本人なんですか?超イケメンですね!」

 ファーストコンタクトの感触からして、期待値はバリバリだったが、そこから徐々にエンジンをかけていくと、彼女たちはこちらがあきれるほどに舞い上がった。

 ◯◯ちゃんと話していると癒されるだの、素直になれるだの、そんなセリフで煽るたびに、熱烈な反応が返ってくるのだ。

「もう好きすぎてやばい。私、シンゴ君のためなら命だって張れるよ!」

 あえて断っておくが、この女たちはまだ一度もリアルに俺とあっていないのだ。にも関わらず、こののめりこみよう。ちょっとやばくないか?

 もう十分だ。そろそろ仕上げといこう。

「心配するだろうから黙ってたんだけど、実はこの前バイクで事故っちゃってさ、入院してるんだよね。それで今リハビリのお金と治療費を払わないといけなくて・・・。かならず返すから20万円立て替えてくれないかな?はやくケガを感知させてデートしたいよ」

 笑いが止まらなかった。

 こんなべたなやり口に、3人の女が素直に金を振り込んできたのだ。さらにそのうち一人は、「ガンになった母親の治療費も借りたい」という申し出にもう20万円を追加してくれたのである。

 にしてもまさかここまで度の過ぎたカモっぷりとは。悪質出会い系が消滅するどころか、むしろいまだに増加傾向にあるといわれている理由がよく分かった気がした。

 

 

TOPページへ戻る

 

 

日本一下世話で、日本一オモろい、エロい。

月刊裏モノJAPANの記事を読みたい方は

スマホで超カンタンな以下の各種サービスから!

富士山マガジンサービス

 

Kindleアイコン

 

本稿は裏モノJAPAN2016年7月号に掲載された記事をWeb版に再編集したものです。

他の記事をご覧になりたい方はアマゾンKindle版(スマホでOK)でも購読できますのでよろしくお願いします。

201607

 

 

 

見ればガチで素人娘だとわかります

裏モノJAPANの大人気企画『おじゃマン』女の子のインタビュー動画がサービスで見れちゃう!

オンライン書店のFUJISANマガジンサービスよりご注文受付中です♪

※動画は1月24日発売の2016年3月号から

FUJISANおまけ1

FUJISANおまけ22

 

 

最新刊
  • 雑誌オンライン
  • フジサンマガジン
  • ガチスタプラス