ピックアップ
利発そうなあの子がマットプレイを! ソープ嬢の営業用ブログを見張って本人のFacebookを探り当てる
2016.5.19

 ソープやヘルスのホームページには、風俗嬢たちのブログのリンクがよく貼ってあると思う。
 リンクを辿ると「アメーバブログ」や「ライブドアブログ」なんかに飛び、日常生活の写真なんかが載せられているわけだ。もちろんフーゾク嬢としての営業用ブログなので、本名や学校がわかるような内容ではない。
 だがこれらのブログ、その更新をじっくり見張っているとけっこう面白い。ときに本人がうっかりし、自分のプライベートが詰まった「フェイスブック」の情報をバラしてくれるからだ。

ソープ嬢ブログ

 

風俗嬢のスマホには投稿用メアドが

 なぜそんなミスが起こるのか順序立てて説明しよう。ちょっと小難しい話だが、ご辛抱いただきたい。
 まずはアメーバやライブドアなど、ブログサイトは一般的にどう更新されているのか。
 毎日の記事の投稿は、いちいちパソコンからサイトにアクセスするようなまどろっこしい作業は必要なく、携帯から簡単に行うことができる。サイトから発行された「投稿用メアド」にメールすればいいだけだ。例えば次のように。

 

件名「おはよ!」
本文「今日は早起きしたよー。
愛犬に起こされて〜」

 

 件名が記事のタイトルに、本文がそのまま内容になってブログになる仕組みだ。便利なので風俗嬢たちもこれをよく使っており、スマホのアドレス帳にはブログの「投稿用メアド」を登録しているのが一般的だ。
 ここまではおわかりいただけたろうか。
 次に、ブログを書いている人物が、同時にフェイスブックもしているときの、ある現象について説明する。
 フェイスブックをしている人間は、ほぼ99%がスマホにフェイスブックアプリを入れている。
 そしてこのアプリ、アイフォンにインストールされた場合は、アドレス帳を自動で読み込み、全メアドに対して2週間に1度、自動的に「招待メール」というのを送る。

 文面に差出人のフェイスブック名をこんなふうにきっちり載せて。

 

 

件名「Kanakoさんのフェイスブックを見よう」

本文「Kanako Okamotoさんが近況や写真をシェアしようと誘っています。(以下ID情報など)」

 

 

 勘のいい方はもうおわかりだろう。この文面が勝手にブログの「投稿用メアド」に送られたら…。ブログの記事に本人のフェイスブック名(&ID)がばっちり載るわけだ。

 

利発そうな子がマット洗いを・・・

 とは言えもちろん本人がブログの異変に気付けば、すぐに記事は削除される。運良く見つけることなんて不可能じゃないかと思うかもしれない。
 しかし手はある。「RSSリーダー・feedly」というソフトを使うのだ。
 これ、目当てのブログを登録しておくと、そのサイトに新しい記事が載った瞬間、自動的にそのタイトルと本文を保存してくれるシロモノだ。しかも、保存した記事に対してキーワード検索をかけることができる。
 現在、自分はRSSリーダーにソープ嬢ブログを500ほど登録している。次々に保存されていく記事をチェックするのは月に1回ほどで、検索キーワードは「フェイスブック」。これで毎月4人くらいはヒットがあるだろうか。
 フェイスブックは他人が内容を見られないようにも設定できるため、誰でもかんでものプライベートを覗けるわけではないが、あけっぴろげな子も少なくない。
 フェイスブックを漁る段階まできたときは至極の喜びだ。友達との旅行写真や学校生活の日記など、キラキラしたプライベートにはもちろん風俗のフの字もない。でもでもこのコはソープ嬢なんだよなぁと感慨にひたるときの楽しさったらもう。
 過去に一度、フェイスブックが判明した女子大生ソープ嬢に会うため実際に店に足を運んだことがある。学校生活の写真などをしっかり頭に焼き付けて。
 フェイスブックでは利発そうな印象の子が、マットやお風呂プレイを一生懸命こなす様は何とも言えない興奮だった。この遊び、まだまだ続けていきます。

 

 

 

日本一下世話で、日本一オモろい、エロい。

月刊裏モノJAPANの記事を読みたい方は

スマホで超カンタンな以下のサービスから!

 

フジサンマガジンバナー

DMMアイコン

Kindleアイコン

 

 

TOPページへ戻る

 

 

本稿は裏モノJAPAN2014年3月号(スマホで簡単なDMM版はコチラ)に掲載された記事をWeb版に再編集したものです。

他の記事をご覧になりたい方はアマゾンKindle版(スマホでOK)でも購読できますのでよろしくお願いします。

裏モノJAPAN201403

 

 

見ればガチで素人娘だとわかります

裏モノJAPANの大人気企画『おじゃマン』女の子のインタビュー動画がサービスで見れちゃう!

オンライン書店のFUJISANマガジンサービスよりご注文受付中です♪

※動画は1月24日発売の2016年3月号から

FUJISANおまけ1

FUJISANおまけ22