その他
Q.ピップエレキバンでコリは取れるの? 信じたらカラダを壊す有名健康法100
2016.4.25

 ピップエレキバンは、磁石を使った健康アイテムだ。磁気の力が体内の成分に働きかけて血行を改善。肩こりや筋肉痛といった症状に効果があるという。
 同様の商品には磁気ネックレスなどがあり、1990年代ごろからスポーツ選手の間でもブームに。いまでは痛み治療の定番アイテムとて、広く使われている。 ピップ社によれば、長年の研究とテストの結果より厚生労働省から「医療用具」の許可を得たというが、いっぽうでは磁気の効果に疑問を抱く者も少なくない。
 果たして、ピップエレキバンや磁気ネックレスは、本当に効果があるのだろうか?

無題

 

A.磁気が効くと言ってるのはメーカーだけです

 磁気治療の効果については、1990年代の後半から何度も実験が行われてきたが、結果を出したケースは1件もない。
 なかでも決定的なのは2007年の系統的レビューだ。過去に行われた29件の実験データをまとめた労作で、現時点でもっとも科学的に信頼がおけるデータと言ってよい。
 その結論とは、次のようなものだ。『磁気が痛みに効くという科学的な証拠はない。そのため、磁石は効果のある治療法としてすすめられない』磁気は腰痛や肩の痛みに何の効果もないらしい。
 実際、「磁気が痛みに効く」と主張しているのは、ピップのように磁気商品を販売するメーカーだけ。科学的には、エレキバンは効果がないと見て間違いない。 そもそも、本当に磁気の力で血行が良くなるなら、磁石を置いた部分の肌が赤みを帯びるはずだ。この現象が起きないだけでも、磁気アイテムの怪しさがよくわかる。
 いまのところ筋肉の痛みに効く可能性があるのは、シトルリンなどのサプリぐらいだ。

 

 

TOPページへ戻る

 

 

本稿は信じたらカラダを壊す有名健康法100に掲載された記事をWeb版に再編集したものです。

他の記事をご覧になりたい方はアマゾンKindle版(スマホでOK)でも購読できますのでよろしくお願いします。

有名健康法