ピックアップ
どいつもこいつも変態のフリしやがって!編集部・仙頭がナンネットで遭遇した泣きたくなる騙しの手口、三連発
2016.4.13

 世の中には、美人局とかデート商法とか、われわれ男の下心に付け込もうとする輩が跋扈している。そうわかってるはずのオレも、うっかり鼻の下を伸ばして一杯喰わされたことが何度あったことか。
 最近は、『ナンネット』という変態セックスマニアが集う掲示板で三度も立て続けに泣かされた。

 

「ヨメは部屋にスタンバイさせてます」

 ある晩、『ナンネット』で見つけたのはこんな書き込みだった。
「今からうちのマンションに来れる方いませんか? ヨメを抱いてやってください」

 一般的にはどうかしているとしか思えないが、こういう変態プレイ募集が並ぶのがこの掲示板の特徴だ。
 連絡を取って向かった場所には、大きなマンションが建っていた。入り口には一人の男の姿が。
「セントウさんですか? 今日はどうもよろしくお願いします」

 男はニヤっと笑うと、マンションの上階を指さす。

「ヨメは部屋にスタンバイさせてます。肉便器の設置完了なんで」

「…はい」

「私は外にいますんで、お一人で部屋に行って公衆便所みたいに好きに使ってください」

 さすがは変態掲示板の住人である。

「それと…。こういうのは大人の遊びなんで、多少負担してもらいたいのですが」

「負担?」

「場所代ってことで1万円お願いできませんかね。朝までいてもらってもいいんで」

 すんなり納得はできなかったが、すでにチンコはムズムズしている。財布から金を取り出した。

「じゃあ、部屋は504なんで。カギは開いてます」

 オートロックはないので、一人で部屋に向かったところ、なぜかカギが。何度ピンポンと押しても反応がない。

 もしや!

 慌てて1階に戻ったときにはすでに男の姿は無かった。

 

カップルさんも多数参加予定

『ナンネット』には乱交パーティの告知も多い。その書き込みは、男女十数人が全裸で絡み合っている写真付きでこうあった。

 都内のホテルにて乱交の宴を開催します。カップルさんも多数参加予定。今回もかなり盛り上がりそうです
 会費は一人1万5千円とあったが、「カップルさんも多数参加予定」の一文に居てもたってもいられなくなった。
 当日、会場のホテルを訪ねると、中から主催者の男が出てきた。

「どうぞ。もう始まってますんで」

 先払いで会費を払って中に入る。そこには目を疑う光景が広がっていた。参加者は男が約10人、女は安ピンサロにいるような熟女一人だけなのだ。どこにカップルがいるんだよ! 
 他の男たちも一様にビミョーな表情をしており、何人かはやけくそみたいな感じで熟女の体をまさぐったりしている。トホホ…。

 

一緒にエロ〜く盛り上がりましょう

 最後はこの7月の出来事である。

「今夜、エロ飲み会やります。会費は6千円。都内のお洒落なバーで一緒にエロ〜く盛り上がりましょう」

 当然、飲めや脱げやでドンチャン騒ぎ、フェラ大会が始まったりするようなイベントを想像したのだが…。
 夜、指示に従って駅から電話をかけると、会場の場所を伝えられた。飲食店ではなく、単なるマンションの一室だ。
 部屋から出てきたのは、ごつい熟女…かと思ったが、よく見ると、カツラと化粧で女装したオカマだった。

「どうぞ入って」

「はぁ・・・」

 オカマのいる理由がよくわからないが、とりあえず中へ。
通されたリビングルームは、バーカウンター付きのお洒落な部屋だった。サラリーマン風の男性陣が飲んでおり、女の姿はない。何だかおかしな雰囲気だ。
 オカマが近寄ってきた。

「システムは2時間飲み放題なんで。何飲みます?」

「…じゃあビールで。というか今日ってエロ飲み会なんですよね」

「そうそう。普段はできないような下品な願望でも何でもしゃべって大丈夫なんで」

 え、エロトークし放題って意味だったの?

「… 女性はいないんですか?」

「あ、女のコは、まあそのうち来ると思うんで。とりあえず、あちらで他のみなさんとエロいお話を楽しんでもらって」

 ソファのほうを見ると、サラリーマン軍団が微妙な表情で会釈してきた。騙されて入ったぼったくりスナックで、後からやってきた客を見つめるような雰囲気だ。

 予想通り、その後2時間、女は一人も来ず、やるせない男飲みに終始した。途中、オカマに「お料理でーす」と出されたもやし炒めが虚しかったの何の。

無題

これがエロ飲み会。どこがエロいんじゃ!

  
 みなさん、『ナンネット』の書き込みにはうっかり騙されないように気を付けてくださいね。って、オレが一番注意しなくちゃいけないか。

 

 

日本一下世話で、日本一オモろい、エロい。

月刊裏モノJAPANの記事を読みたい方は

スマホで超カンタンな以下のサービスから!

 

フジサンマガジンバナー

DMMアイコン

Kindleアイコン

 

 

TOPページへ戻る

 

 

本稿は裏モノJAPAN2014年9月号(スマホで簡単なDMM版はコチラ)に掲載された記事をWeb版に再編集したものです。

他の記事をご覧になりたい方はアマゾンKindle版(スマホでOK)でも購読できますのでよろしくお願いします。

裏モノJAPAN201409

 

 

見ればガチで素人娘だとわかります

裏モノJAPANの大人気企画『おじゃマン』女の子のインタビュー動画がサービスで見れちゃう!

オンライン書店のFUJISANマガジンサービスよりご注文受付中です♪

※動画は1月24日発売の2016年3月号から

FUJISANおまけ1

最新刊
  • 雑誌オンライン
  • フジサンマガジン
  • ガチスタプラス