スポット
スナックで4Pまでできる尼崎の一発屋「M」 摘発されないのが不思議なエロい店70
2016.3.3

尼崎スナック

「かんだしんみち」ゲートの1本北側の路地には、毎晩、客引きのおばさんが立っている。
「お兄さん、飲んで行かへん?」
 案内されるのは、すぐ目の前の雑居ビルだ。スナック風の一発屋が3軒入っており、そのどれかに連れていかれる。

 システムはどこも一緒。店内にいる2,3人の女と酒を飲みながら好みのコを選び、代金(60分2万円)を払って奥の個室へ。イチャイチャといい感じになったところで、ゴムを付けて合体という流れだ。

 が、もし懐具合に余裕があれば、3店のうち「M」を選ぶべきだろう。

 先日、自分は素晴らしい体験をした。その日、M店内には、女が3人(10代、20代、40代)いた。他に客はおらず貸し切り状態で飲んでると、一番若いのが言う。
「そろそろ気持ちエエことしようや」
 続けて他の2人が、「うちらも一緒に遊べるでえ」
 何と3人同時に相手にしてくれるそうだ。料金は5万だが、こんな機会、滅多にないかも…。

 さすがに4Pとなると、個室では難しいということで、スナックスペースでヤルことになった。全裸になってカウンターの上にゴロンと横になると、3人の女たちが思いおもいに攻めてきた。

 こちらも必死に応戦する。スナック店内で、4人がくんずほぐれつになっているシチュエーションの非日常感はハンパない。まさにAVだ。

 カウンターの上で、ボックス席のソファで、キッチンスペースで、ハメにハメまくった。5万の価値十分ありだ。

 

 

 

TOPページへ戻る

 

 

見ればガチで素人娘だとわかります

裏モノJAPANの大人気企画『おじゃマン』女の子のインタビュー動画がサービスで見れちゃう!

オンライン書店のFUJISANマガジンサービスよりご注文受付中です♪

※動画は1月24日発売の2016年3月号から

FUJISANおまけ動画

 

 

本稿は裏モノJAPAN2013年3月号に掲載された記事をWeb版に再編集したものです。

他の記事をご覧になりたい方はアマゾンKindle版(スマホでOK)での購読をよろしくお願いします。

裏モノJAPAN201303

 

 

 

 

 

最新刊
  • 雑誌オンライン
  • フジサンマガジン
  • ガチスタプラス