グッズ
盗撮要注意!通勤パンチラを狙って自動シャッターを切り続ける厄介なカメラ「レコロ IR5」
2016.2.28

カメラ

 スカート内盗撮は、階段やエスカレータなどわかりやすい場所だけでなく、意外なところでもなされる。

 その一つが道端だ。
 特に通学路や通路などの植え込みは要注意で、盗撮犯はそういったところに定点観測用のカメラを仕込んでいる。3秒に1度、10秒に1度という風にシャッター間隔を設定し、植え込みのそばを歩く女性のスカートの中を次々と自動撮影するわけだ。
 この手の犯罪でよく使われる定点観測カメラは「レコロ IR5」という機種だ。操作や設定が簡単なうえ、10時間以上も可動するため、悪用しやすいのだろう。
 さらにサイズも小型で、迷彩服のようなカモフラージュ塗装が施されていれば、植え込みから見つけ出すことは不可能に近い。厄介なシロモノだ。

 

 

 

TOPページへ戻る

 

 

本稿は裏モノJAPAN2014年8月号に掲載された記事をWeb版に再編集したものです。

他の記事をご覧になりたい方はアマゾンKindle版(スマホでOK)での購読をよろしくお願いします。

裏モノJAPAN201408

 

 

 

見ればガチで素人娘だとわかります

裏モノJAPANの大人気企画『おじゃマン』女の子のインタビュー動画がサービスで見れちゃう!

オンライン書店のFUJISANマガジンサービスよりご注文受付中です♪

※動画は1月24日発売の2016年3月号から

FUJISANおまけ動画

 

 

最新刊
  • 雑誌オンライン
  • フジサンマガジン
  • ガチスタプラス