グッズ
無上の快楽ドライオーガズムをお手軽に体感できる前立腺治療薬「ユリーフ」 夢をかなえるクスリ200
2016.2.24

 以前、友人が酒の席で、興味深い話をはじめた。
「ドライオーガズムって知ってる?」
 ドライオーガズム。射精をともなわない絶頂という意味で、その快感は、精子をピュッピュと飛ばす通常のオーガズムの比じゃないとされている。そんなの、ヘンタイ人間の俺にとっては常識だ。
「知ってるよ、そんくらい」
「だったら話が早いや。実はさ、このクスリを飲めば、そのドライオーガズムを簡単に味わえるんだぜ」
 そう言って、何やら白っぽい錠剤を見せつけてくる。

 ウソ、マジで? 思わず食いついたのには、理由がある。

 信じられないほどクソ気持ちいいとされるドライオーガズムだが、その境地に達するには、ノーマルな人間が尻込みするような手順を踏む必要があるからだ。得体の知れない器具でアナルの奥にある前立腺を刺激する、みたいな。

 それがクスリを飲むだけでOKだなんて!
「これ、ユリーフって言って、もともとは前立腺肥大症の治療薬なんだけど…」
 つまりは、このクスリを服用してから30分~1時間後にいつも通りのオナニーをすれば、たったそれだけで、あっさりとドライオーガズムを体感できるらしい。

「体に悪影響とかないの?」

「まあ、常識的な使い方をするぶんには心配ないよ。1日2回、それぞれ2錠の服用ってとこだな」
 わけてもらったユリーフを家に持ち帰り、さっそく飲んだ。30分後、特に異変を感じないまま、エロ動画をオカズにチンコをこすりはじめる。

 スコスコスコ。

 やがて下腹部がモゾモゾし、普段どおりの射精感が近づいてきたと思った矢先、いきなり目の前が真っ白になった。続いて、得も言われぬ快感が全身に広がる。

 強く、弱く、まるで寄せては返す波のようなリズムで。
「うわぁぁ、何だこれ。やべー、あああ~、あああん!」
 思わずオンナみたいな喘ぎ声を上げてしまったのは、それほど気持ちよかったからに他ならない。絶頂感は数分ほど持続してやんだが、チンコをこすり続けていれば、何度でもイケた。

 むろん、その間、精子は一滴も出ていない。トンでもない世界を知ってしまった。もう普通のオナニーなんてできっこないよ!
 ユリーフは処方箋が必要なクスリだが、ネットの輸入代行業者を使えば購入できる。値段は、100錠1万3千円とやや高めだが、無上の快楽を得られると思えば、むしろ安いのでは。

 

 

TOPページへ戻る

 

 

 

この記事は『夢をかなえるクスリ200[Kindle版]』に掲載されております。

他のお薬をご覧になりたい方は、下記リンクよりアマゾンでお求めください。

クスリ

 

人気ランキング
最新刊
  • 雑誌オンライン
  • フジサンマガジン
  • ガチスタプラス