ピックアップ
出会い系で「デート・エンコー・愛人」を呼びかけたら、どんな娘がレスしてくるん? というゲスの極み連載始めました
2016.2.22

 市井の遊び人と、切っても切れない「エンコー娘」。

 何がいいかって、そりゃあフーゾク嬢では味わえない、素人娘のチョット穢れた股間をまさぐる歓びと申しましょうか、あるいはビックリ箱を開けるようなドキドキ感と言いましょうか。

 すんごいカワユイ娘さんがやってきた日には天にも昇るキモチでやんす……。

 

 

 と言いたいところですが、実際にエンコー娘と遊ばれた経験ってあります? フツーは中々敷居が高くないですか? 怖いオニーサンが出てきたらイヤですし、既婚者なら嫁バレも怖いですし、万が一のことを考えたらそうそう手は出せません。

 

 

 しかし、興味がなくはない(むしろ激しくある)。

 そんなわけで、今回、当サイトが動くこととしました。皆さまの代わりにネットで諭吉をチラつかせ、デートやエンコーを募ってみたら、一体どんな女性がリターンをくれるのか。

 もしも知人だったらヤバいよ! 嫁だったら、彼女だったら、ヤバイよ、ヤバいよ(*´Д`)

 

 

【当連載のルール】

毎日、愛人やデート相手の募集などを出します(出すだけです)。

金額が一定だとつまらないので1日なら1万円、2日なら2万円と1万円ずつ釣り上げていきます。

そこでどんな娘が応募してくるのか、してこないのか?

いざスタート!!!

※筆者はエンコー経験のないライターさん。当たり前ですが18才未満は厳しく対象外で進めております

 

 

2月1日 まずは1万円でデート募集から

 今回は「タッ◯◯◯生」という出会い系アプリを使ってみます。

 こちらのスマホアプリ、女のコと二人でメッセージのやり取りするため月2800円ほどかかってしまいますが、月額制なのでメッセージの回数はやり放題。ポイント残高を気にせず、やりとりに集中して数を多く打てるのが、初心者には嬉しい。

 しかしその分、エッチ目的から話がつい脇道にそれてしまったり、なにかと遠回りしがちな傾向も。冷やかしやサクラも多い気がします。

 初日、約1時間ほどで目ぼしい取れ高は二人。

 

 

◆一人目 えむちゃん 23歳 アパレル

援交募集ph-1-1

お金に切羽詰まった感はなく……

援交募集ph1-2222

えむちゃんどえす

 

 素人っぽくてプロフ写真が可愛いらしい。僕のテンプレ第1投に対する反応も良し。だいたいこのテンプレに冷たくてもレスを返してくれる子は、ダラダラやり取り続けられそうな気もします。レスのスピードは遅いけど、送ればちゃんと翌朝でも返ってくるあたり、逆に信頼できます。

 

 

 

 

◆二人目 しーちゃん 30歳 介護

“諭吉”に関しては完全スルーされるものの、その後スターウォーズトークに花が咲き、相手から「もう一回観たいんですよねぇ。私は初日一人で観に行きましたが、映画館一人で観に行くの少し苦手」というレスが。

 これはもう一緒に行きませんか?ってことですよね。あとはトントン拍子に話は進み、具体的に映画デートの日にちを詰めるまで持っていけました。

 すごい長文で返信がくるし、メール慣れしている印象を受けます。

 男同士の仲間内でこんなオンナ一人いたら楽しいだろうなぁ。とりあえず一発ヤっちゃったりして。可愛くはないですけど、プロフ画像から人の良さがにじみ出ていますし、学校のクラスで誰とでも分け隔てなく仲良くできるタイプでしょうね。吹奏楽でホルンとかやってそう(妄想)。

というかハリセンボン的な?(´・ω・`)

というかハリセンボン的な?(´・ω・`)

 

 

2月2日 2万円(ゴム付き1発)で募集

 1日目、とにもかくにも素人オンナと一緒に映画を観に行く約束まで取り付けられたことに気を良くし(実際は行かないけどね)、二日目も気合を入れてスタートです。

 僕から送る最初のテンプレ文章は、以下の通り大胆不敵なもの。

「経済的余裕アリ!多少なりとも満足させる自信があります!福澤さん2枚=ゴム付き1発期待⭐ 早速今からどうですか?!」
 結論から申し上げますと、垢BAN(アカウント停止)されてしまいました。

 意気込んで20人にアタックしましたが、リアクションのほとんどは「は?」「バカじゃないの?」「そーゆーやすい女じゃないんで!」といった冷たいレス。盛り上がった(?)のはせいぜい以下の二人。それもどこかサクラっぽいのですが、一応レポしときます(´・ω・`)

 

◆一人目 32歳 不明

(オンナ)「エッチですか? 私にそんな価値ないですよ」

(私)「お綺麗です、女子大生みたい」

(オンナ)「私子供2人産んでるから、オッパイも垂れてますし〜」

(私)「プロフに飲むの好きって書いてあるし、飲みましょう!ご馳走します」

(オンナ)「えー、飲むだけじゃ終わらないんじゃない?」

(私)「それはその時の気持ちで決めてくれればいいですよ。いつにします?」

と、ここでログインできなくなってしまいました。

 

 

◆二人目25歳 医療系

 プロフに「互いに高めあって、目標ある友達が欲しい!恋愛関係NG」。写メには「ユダヤ人大富豪の教え」。マルチっぽいオンナです。

(オンナ)「30代で独立なんで凄いですね!私は目標もってる人が好きなんです」

自分のプロフを“IT関係の会社を起業”としていたのが効いたみたいです。

(私)「貴女の目標叶えます!支援します!」

と送信。その直後にログインできなくなりました。

 メッセージのやりとりをするに夢中で、スクリーンショットも撮っておらず、こんな体裁になってしまいました。ちょっとiTunes Storeのアプリは、今回の企画向きではなかったのかもしれません。一ヶ月分のお金も無駄になって脱力。

 

 より殺伐とした戦場を求めて、3日からはPC◯◯◯(web版)で挑戦します!

 

文・伊藤綾(フリーライター)

 

 

人気ランキング
最新刊
  • 雑誌オンライン
  • フジサンマガジン
  • ガチスタプラス